シンニチ保険WEB

AIG損保、ビデオ通話を使った損害確認を開始

AIG損保は、ビデオ通話を使った財物の損害確認を6月1日より開始している。
これまでは、書面(写真・見積もり書等)による損害確認を基本とし、書面で必要な損害確認ができないと判断した場合は、損害確認担当者が現場に出向き、お客さま立会いのもとで損害確認を行っていた。しかし、ビデオ通話を活用することで、現地に行かなくとも遠隔地から立会いでの確認同様に必要な損害確認が可能な事案もあることから、当サービスを開始することとした。
【当サービスの概要】
□使用可能なビデオ通話ツール※ 
Face Time / ビデオトーク
□対象となる事案 保険種類にかかわらず、建物、家財、営業用什器備品など財物の損害確認が必要な事案
保険金請求に関してお客さまに連絡した際、ビデオ通話を活用することで必要な損害確認が可能と判断した事案について、同社指定業者の損害確認担当者よりお客さまに直接連絡をし、ビデオ通話を用いて現地にいるのと同様に損害状況を確認する。
自然災害などの際は、交通事情も悪く現場までの移動に時間を要してしまうことから、対応数が限られてしまうことがある。ビデオ通話を利用することで、移動時間を削減出来ることから、比較的迅速な保険金支払いも可能となる。また、災害の有無に関わらず、やむを得ない事情により、なかなか現地立会いの調整できないお客さまの損害確認にも対応することができる。
※FaceTimeはApple Inc.の商標登録。
※ビデオトークはNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社の商標登録。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険などの事故受付を開始

損保その他

SOMPOリスク、オンラインで行う危機対応体制構築支援サービスの提供開始

生保

SOMPOひまわり生命、生活習慣病の予防をサポートするアプリ「リンククロス健康トライ」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、『わかりやすく伝える外貨建て保険販売の苦情未然防止研修』をリニューアル

生保

明治安田生命、対話型自動応答サービス「AIチャットボット」を導入

損保

AIG損保、業界初、環境汚染賠償責任保険に「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を新設

損保

東京海上日動、医師賠償責任保険・医療通訳サービス開始

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、「ローンスマートナビ」を開発

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、新たな中小企業向けサイバーリスク診断サービスの提供を開始

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、保険金・給付金のオンライン請求サービスを開始