シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保は、2019年7月より提供を開始した「保険料スマホ決済サービス」(以下、本サービス)のラインナップに、5月から「PayPay(ペイペイ)」と「クレジットカード」を新たに導入した。
昨今のスマートフォン(以下、スマホ)を活用した決済の急速な普及・拡大に伴い、お客さまのさらなる利便性向上を図るため、アカウント登録者数が2,800万人を超える「PayPay」や「クレジットカード」も選択できるようにした。
MS&ADインシュアランスグループは、今後もお客さまに選ばれ信頼される保険グループを目指し、先進デジタル技術を活用したサービスの提供に努めていく。
1.本サービスの概要
お客さまは、自身のスマホで同社が提示(代理店端末や書面上に表示)するQRコードを読み取り、決済専用サイトに接続する。同社が用意した多様なラインナップの中から希望の決済サービスを選択し、保険料を支払うことができる。
また、専用QRコードを案内する書面をお客さま宛に郵送することで、スマホさえあれば、自宅にいるまま、保険料の支払いを完了することができる。
2.決済サービスのラインナップ
2020年5月時点における決済サービスのラインナップは、以下のとおりである。
クレジットカード(VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Yahoo!ウォレット、PayPay、LINEPay、楽天ペイ、ApplePay、PayPal、銀聯ネット決済(全12種類)
※決済サービスのラインナップは、決済市場の動向等を踏まえ、今後も随時追加・変更していく予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、企業の福利厚生制度を支える団体保険取扱いの拡充

生保

マニュライフ生命、公式ウェブサイトをより見やすくリニューアル

損保

AIG損保、ビデオ通話を使った損害確認を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、JBRと「Asset Warranty」の共同提供開始

生保

富国生命、『フコク生命手話通訳・筆談サービス』と『点字による案内』の開始

損保

三井ダイレクト損保、「防災・減災に繋げる安全運転のためのヒント集」に記事を追加

損保

三井住友海上、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況を公表

損保

あいおいニッセイ同和損保、2019年度「お客さま第一の業務運営」に関する取組結果を公表

生保損保

東京海上日動、東京海上日動あんしん生命、オンライン医療相談サービス「MedicalNote医療相談」の提供期間を延長

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、ネット完結型”団信ウェブ申込サービスで、銀行の住宅ローンビジネスのデジタル化を支援