新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、日本初、HDI七つ星認定を取得

あいおいニッセイ同和損保は、HDI※のサポートセンター認定資格の最高峰である「HDI七つ星」を5月20日に取得した。
七つ星認定は同社が「日本初」かつ「業界初」となる。
※HDIとは、世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体。1989年に米国にて設立され、現在、米経済誌フォーチュン・世界企業上位500社の90%を含む50,000社の会員を擁し、世界に100の支部がある。
HDI-Japanは、HDIと同じコンセプトで2001年に設立され、国内のサポートサービス業界にサポートスタッフとサポートセンター向けの国際認定プログラム及び関連トレーニングコース等のサービスを提供している。
1.背景
同社は、経営ビジョンに「すべてのお客さまに高品質の商品・サービスを届け、一人ひとりのお客さまからの確かな信頼を基に発展する企業の創造」を掲げている。
本ビジョンを実現するため、同社カスタマーセンターは、HDI公開格付け(電話応対)における三つ星ならびにセンター認証取得による五つ星を有していたが、さらなる品質向上を目指し2019年12月にサポートセンター認証の最高峰資格である「サポートセンター国際認定※」を新規格では日本で初めて取得している。
※サポート業界で唯一のサポートセンターに特化した国際スタンダードに基づくセンター認定プログラムです。HDI国際認定オーディタ(監査官)が資料確認や現地観察、インタビューなどをとおして監査(オーディト)し一定の基準をクリアすることにより認定となる。さまざまセンターのあるべき姿を追求することができ、認定を取得することにより国際的に大変優れたサポートセンターであることが証明される。
2.概要(HDI七つ星認定)
今般、HDIは2019年以降に「サポートセンター国際認定プログラム」を取得した企業を対象に、「HDI七つ星マーク」を新設することを発表した。
HDI-Japanは、かねてよりHDI格付けベンチマークを推進しており、従来の「三つ星」「五つ星」に加え、優れたセンターの最高峰であり、すべてのサポート組織の目標となるサポートセンター国際認定を「七つ星」として明示することとし、同社も七つ星企業として認定された。
3.今後
優れたセンターの最高峰の証である「七つ星認定」を取得したことで、すべてのサポートセンターの目標となるような高いレベルの運営を目指すとともに、同社の目指す姿である「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする『特色ある個性豊かな会社』」の実現に向けて、引き続き新たなチャレンジを続けていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

ペット&ファミリー損保、日経トレンディ「Insurance Awards2024」ペット保険部門で「ユニーク賞」受賞

生保

イオン・アリアンツ生命、終身医療保険「元気パスポート」が日経トレンディ保険大賞2024において女性向け医療保険部門の“大賞”を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】環境・生物多様性に関する事業リスク定量化アプリの開発を開始

生保

FWD生命、「価格.com 保険アワード2024年版」において生命保険収入保障保険部門で 4年連続第1位を受賞

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、国内金融機関で初となるWELL認証最高ランク「プラチナ」を取得

損保

あいおいニッセイ同和損保、パラアスリート2名が神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会の日本代表に決定

関連商品