新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、新型コロナウイルス感染症により契約者が影響を受けた場合の特別措置について更新

損保協会は、4月6日、新型コロナウイルス感染症により契約者が影響(※)を受けた場合、各損害保険会社は、火災保険、自動車保険、傷害保険などの各種損害保険(自賠責保険を除く)について、継続契約の手続きや保険料の支払いを猶予する取り扱いができる場合があることを公表した。
詳細は、契約の損害保険会社に問い合わせのこと。
※契約者が新型コロナウイルスに感染したといった直接的な影響だけでなく、感染疑義(感染者との濃厚接触)に伴い自宅待機される場合や感染防止を目的として代理店との対面を希望しない場合、契約の代理店が休業や業務縮小、対面募集を自粛している場合などにより、通常の契約手続きが困難となるような間接的な影響を受けられた場合を含む。
1.継続契約の締結手続き猶予
継続契約の締結手続きについて、3月13日から最長6か月後の末日(2020年9月30日)(※)まで猶予できるものとする。
2.保険料の払い込み猶予
保険料の払い込みについて、3月13日から最長6か月後の末日(2020年9月30日)(※)まで猶予できるものとする。
※2020年5月31日までとしていた猶予期間について、上記のとおり延長する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

協会・団体損保

損保協会、女優の山﨑玲奈さんを起用した2024年度防火ポスターを作成

損保協会・団体

損保協会、「第25回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保協会・団体

損保協会、「保険契約引受にかかる独占禁止法上の留意点」の新設と啓発活動の強化を実施

損保

損保協会、令和6年能登半島地震にかかる倒壊建物を対象とした共同調査で「全損建物」を認定~地震保険金の支払迅速化の新たな取り組み~

損保

損保協会、自賠責保険に関するお客さまの利便性向上と損保業界の業務効率化に向けた取組み状況を公表

協会・団体損保

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

関連商品