シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、関連会社に係るのれんの一時償却を発表

MS&ADホールディングスは、2020年3月期の連結決算において、持分法適用関連会社であるChallengerLimited(オーストラリア証券取引所上場)に係るのれんの一時償却366億円を持分法による投資損失として計上する。
同社の株式の時価が著しく下落したことにより、個別決算において同社株式の減損処理を行い、関係会社株式評価損を688億円計上することに伴い、連結決算においてのれんの一時償却が必要となるものである。個別決算の関係会社株式評価損は連結決算では消去される。
なお、株主還元の原資となるグループ修正利益への影響はない。
2020年3月期(通期)の連結業績については現在精査中であり、2020年5月20日に公表する予定である。
(参考)
2020年3月期の連結決算におけるその他有価証券に区分される国内上場株式の評価損の金額は318億円となる見込みである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

クレディ・アグリコル生命、2019年度決算(案)を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

トーア再保険、2020年3月期決算を報告

生保

PGF生命、2019年度決算(案)概要を発表

生保

プルデンシャル生命、2019年度の決算(案)を発表

生保

チューリッヒ生命、2019年度決算(案)を発表

生保

ジブラルタ生命、2019年度の業績を発表

損保

大同火災、2020年3月期決算短信を発表

生保

はなさく生命、2019年度決算

生保

日本生命、「2019年度決算(案)」を発表