シンニチ保険WEB

井ダイレクト損保、「三井ダイレクト損保スマイル基金」が累計投票者数20万人、寄付金額2千万円を突破

三井ダイレクト損保では、2014年7月に「三井ダイレクト損保スマイル基金」を創設し、社会貢献活動の一環として、契約者からの投票をもとに、交通事故防止や環境保護などに取組むNPO法人への寄付を毎年実施してきた。
第6回目となる今年度の寄付により、累計投票参加者数が20万人、寄付金額が2千万円を突破した。2020年6月に同社が開業20周年を迎えることを機に、支援活動を見直すなど、より幅広い領域の社会貢献活動に取組んでいく。
1.三井ダイレクト損保スマイル基金とは
『ワンクリックで、あの人が笑顔に』を掛け声に、同社の契約者と一緒に作り上げる新しい発想の社会貢献の仕組みである。これまでに、寄付金総額2,135万円、投票者数約20万人(2020年2月現在)となった。
●寄付金額を決めるのは契約者
契約者は同社が支援している活動のうち、特に応援したい活動に投票する。毎年3月末時点の各活動の投票割合に応じて、同社は寄付金総額(321(みつい)万円)を各活動を支援するNPO法人に分配する。
●ワンクリックで気軽に社会貢献
投票は同社ホームページの投票ボタンをクリックするだけで完了する。契約者による寄付金の負担はない。
2.支援活動と寄付金の使途
同社が支援する活動は、交通事故防止や環境保護、災害からの復興支援、世界の子どもの生活・教育支援である。
契約者アンケート結果により、2020年4月から支援活動の見直しを行う。
1.交通事故防止(一般社団法人 日本カーシェアリング協会)
主に「コミュニティ・カーシェアリング」の導入による高齢者の事故削減、交通弱者の問題解決資金として活用
2.環境保護(認定特定非営利活動法人 JUON NETWORK)
主に環境保全を目的とした活動範囲拡大のための資金として活用
3.災害からの復興支援(社会福祉法人 中央共同募金会)
主に自然災害などによる被災地ボランティアの活動資金として活用
■三井ダイレクト損保スマイル基金
https://www.mitsui-direct.co.jp/customer/mujismile/

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

関連商品