シンニチ保険WEB

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保協会、協会長ステートメントを発表した。
◆はじめに(原文ママ)
我が国の社会・経済については、新型コロナウイルス感染症の拡大により、先行きは予断を許さない状況となっています。
昨年の12月に中国で発生したこの感染症は世界各国・地域に感染が拡大し、3月11日、世界保健機関(WHO)は「パンデミック」を宣言する事態に至りました。中国では沈静化が窺える状況となっていますが、イタリアなどの欧州諸国、イランや韓国では大規模な感染が続いています。各国は封じ込めに尽力していますが、終息までの見通しは立っていない状況です。
このような世界的な感染の拡大だけでなく、我が国においても、国内感染者の増加によって、消費や生産が停滞し、観光業をはじめとする様々な産業が大きな打撃を被っており、国民の不安が高まっています。政府や地方自治体は、経済活動を維持しつつ、感染症の拡大を防止するという難題に直面しており、北海道での緊急事態宣言、全国小中高校の一斉休校、大規模イベントの中止・延期などの封じ込め措置がとられましたが、未だ終息には至っておらず、なおも国をあげた取組みが必要であると考えております。
会員各社におきましては、新型コロナウイルス感染症が補償の対象となる損害保険商品に加入されているお客様が健康被害などを受けられた場合には、迅速かつ確実に保険金をお支払いしてまいります。また、感染拡大の防止と契約者保護の観点から、保険契約の継続契約の締結手続きおよび継続契約の保険料の払い込みを猶予する措置を実施してまいります。感染がさらに拡大した場合でも、自動車保険や火災保険などの引き受け業務や保険金の支払い業務を維持できるよう必要な体制の構築に努め、社会インフラとしての使命を果たせるよう万全を期してまいります。
なお、当協会としましては、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し会員各社への情報提供および対応の徹底を行うとともに、募集人に対しては、損害保険募集人資格の有効期限延長措置を実施しております。
◆これまでの取組みについて
(項目のみ抜粋)
1.自然災害に対する取組み
(1)自然災害リスクに関する取組み
(2)児童向けの防災教育取組み
(3)地震保険の普及に向けた取組み
2.高齢者・外国人に向けた取組み
(1)高齢者向けの取組み
(2)外国人向けの取組み
3.各種課題への取組み
(1)自動運転等に関する取組み
(2)サイバーリスクに関する取組み
(3)自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)運用益拠出事業
(4)国際基準などに関する取組み
(5)アジア各国・地域の損害保険市場に関する取組み
◆おわりに(原文ママ)
冒頭申し上げた通り、新型コロナウイルス感染症との闘いは、予断を許さない状況が続いています。しかし、我が国は、これまでも数々の苦難を乗り越えてきた経験があります。我が国全体が力を合わせ、各界それぞれが責務を果たし、英知を結集すれば、この難局も乗り越えられるものと確信しております。当協会としましても、各取組みを通じて損害保険業の使命を果たしてまいります。
日本にいるすべての人々が新型コロナウイルス感染症の不安から解放され健やかな生活を取り戻せるよう、一日も早く事態が終息することを祈念しております。
さて、任期満了まであと3か月となりましたが、第8次中期基本計画と就任時に掲げた「自然災害に対する取組み」・「高齢者・外国人向けの取組み」の2つの重点課題については着実に仕上げてまいります。
そして、目前に控えた東京オリンピック・パラリンピック競技大会の大成功に貢献し、世界中の人々に夢と希望を分かち合うことができるよう、業界一丸となって取り組んでまいりたいと考えております。
引き続き、皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
https://www.sonpo.or.jp/news/release/2019/2003_04.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを公開

損保協会・団体

損保協会、損害保険の引受・支払実務における遺伝情報の取扱いを公表

損保

損保協会、令和4年福島県沖を震源とする地震に係る地震保険の事故受付件数(2022年3月31日現在)を発表

損保協会・団体

損保協会、2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

協会・団体損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、「第23回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保協会・団体

損保協会、伊藤沙莉さんを起用した自賠責保険の新WEB CMを公開

損保

損保協会、2022年度自賠責運用益拠出事業17.8億円を決定

損保協会・団体

損保協会・舩曵真一郎会長「2022年 年頭所感」

協会・団体損保

損保協会、英文ファクトブックを作成

関連商品