シンニチ保険WEB

東京海上日動、【国内初】震度連動型地震諸費用保険(地震に備えるEQuick(イークイック)保険)の販売開始

東京海上日動は、2020年8月から、居住地域で観測された震度に応じて、定額の保険金を速やかに支払うインターネット専用商品「震度連動型地震諸費用保険(地震に備えるEQuick(イークイック)保険)」)を販売する。
この商品は、損害状況の確認を不要とし、自然災害等で観測された指標(インデックス)に基づいて定額の保険金を支払う保険(インデックス保険)であり同社が国内の損害保険会社で初めて販売する。
損害状況の確認を不要とし、自然災害で観測された指標(インデックス)に基づいて、保険金を支払う「インデックス保険」の開発は、国内の損害保険会社で同社が初めて。
また、自然災害の指標に基づいて、システム的に保険金を支払う仕組みについて、ビジネスモデル特許を出願中。
1.「震度連動型地震諸費用保険(地震に備えるEQuick(イークイック)保険)」の特徴と概要
(1)商品の特徴
① 最短3日で保険金の受け取りが可能
・地震発生後、同社は、気象庁が公表する震度データに基づいて支払対象となる契約を特定し、保険金の支払い手続きを開始する。
・家屋等の損害状況の確認が不要であり、観測された震度に応じて保険金を支払うため、地震発生から最短3日で保険金を受け取ることができる。
② スマホのみで各種手続きが完結
・最新のデジタル技術を活用し、申込みや保険金受け取り手続きが、スマホで簡単に完結する。
(2)商品の概要
加入対象者:20歳以上の個人(本商品単独で加入できる)
保険金の支払条件:居住住居が所在するエリアで震度6弱以上(*2)の地震が発生した場合
販売開始:2020年8月頃より販売開始(*3)
保険期間:1年
保険料払込方法:クレジットカード払(一括払)
契約プラン:以下の3パターンから選択
プラン名―震度ごとの保険金額(保険料)
プレミアム―震度7 50万円/震度6強 20万円//震度6弱 10万円(保険料:9,600円)
スタンダード―震度7 25万円/震度6強 10万円//震度6弱 5万円(保険料:4,800円)
エコノミー―震度7 20万円/震度6強 5万円//震度6弱 なし(保険料:2,400円)
(*2)震度情報は、気象庁が公表する市区町村単位の震度情報を使用。なお、エコノミープランの場合は、震度6強以上。
(*3)主に同社HP上で販売する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

メディケア生命、「新メディフィットA」・「メディフィットRe」法人契約取扱い開始

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

損保

東京海上日動、AIを活用した火災保険における不正請求の早期検知の取組みを開始

損保

東京海上日動、NTT東日本・トレンドマイクロとの協業によるサイバーセキュリティ分野の強化に向けた取り組みを開始

損保

東京海上日動、保険の理解度向上に繋がるWebサービス開発に向けた取組みを開始

関連商品