シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、特定子会社を異動

MS&ADホールディングスの子会社である三井住友海上は、2020年2月25日に、同社の子会社である三井住友海上キャピタルによるMSIVC2020V投資事業有限責任組合(以下、「本ファンド」)の設立を機関決定した。
これに伴う出資が完了すると、本ファンドがMS&ADホールディングスの特定子会社に該当することとなる。
1.異動の理由
MS&ADホールディングスグループは、成長が期待できるベンチャー企業への出資を行うため、本ファンドを設立する。
本ファンドへの出資が完了すると、本ファンドへの出資総額がMS&ADホールディングスの資本金の100分の10以上に相当することから、MS&ADホールディングスの特定子会社に該当することとなる。
2.異動する特定子会社の概要
(1)名称      MSIVC2020V投資事業有限責任組合
(2)所在地     東京都中央区京橋一丁目2番5号
(3)設立根拠等   投資事業有限責任組合契約に関する法律に基づく投資事業有限責任組合の設立
(4)組成目的    国内外のベンチャー企業等への投資
(5)組成日     2020年3月下旬(予定)
(6)出資の総額   100億円(上限)
(7)出資者・出資比率・出資者の概要
①三井住友海上火災保険株式会社70%(予定)(MS&ADホールディングスの100%子会社)
②三井住友海上あいおい生命保険株式会社20%(予定)(MS&ADホールディングスの100%子会社)
③三井住友海上キャピタル株式会社10%(予定)(MS&ADホールディングスの100%(うち、間接保有100%)子会社)
(8)業務執行組合員の概要
名   称       三井住友海上キャピタル株式会社
所 在 地       東京都中央区京橋一丁目2番5号
代表者の役職・氏名   代表取締役 石上壽一
事 業 内 容     投資事業組合の組成、運用及び管理等
資 本 金       10億円
(9)上場会社(MS&ADホールディングス)と当該ファンドとの間の関係
●上場会社と当該ファンド
・MS&ADホールディングスは、当該ファンドに100%(うち、間接保有100%)出資する予定である。
●上場会社と業務執行組合員との間の関係
・MS&ADホールディングス100%(うち、間接保有100%)子会社である。
3.日程
(1)機関決定日   2020年2月25日
(2)契約締結日   2020年3月下旬(予定)
4.今後の見通し
本件によるMS&ADホールディングスの当連結会計年度の業績に与える影響は軽微であるが、今後公表すべき事項が生じた場合には、速やかに開示する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

損保

東京海上ホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」に選定

損保

三井住友海上、電力需給のひっ迫回避に向けた取組みを実施

関連商品