シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、VolocopterGmbHとの「空飛ぶクルマ」事業に関する業務提携を決定

MS&ADホールディングス傘下の三井住友海上は、「空飛ぶクルマ」※1を開発するドイツのVolocopterGmbH(以下「ボロコプター社」)との業務提携に合意した。三井住友海上は、ボロコプター社が業務提携する初めての日本企業となる。
ボロコプター社は、シンガポールやドバイ等でのデモフライトに成功し、「空飛ぶクルマ」における欧州航空安全庁(EASA)の認証※2を取得するなど、順調に機体開発を進めている。また、国際的なパートナーとの協業により輸送サービスの提供、航空管制、離発着場の開発・運営、機体メンテナンス等も含めたエコシステムの構築を目指している。
三井住友海上は、ASEAN10ヵ国で元受事業を展開しているネットワークを活用し、アジア地域での「空飛ぶクルマ」事業に関する提携先として、ボロコプター社の実証実験に参画するなど、「空飛ぶクルマ」の機体やオペレーションに関するノウハウを収集し、商品・サービスの開発につなげていく。
※1「電動」・「垂直離着陸」・「自動飛行」等による次世代エアモビリティをいう。
※2垂直離発着機に関し、EASAの認証(DOA:DesignOrganisationApproval)を取得した(2019年12月)。当該認証を取得したのは、ボロコプター社が初めてである。
1.「空飛ぶクルマ」の動向
「空飛ぶクルマ」は、輸送サービスや災害時の移動・物資輸送手段として注目されており、世界各国の大企業やスタートアップが機体開発を行い、さまざまな業界が投資するなど、実用化の動きが進んでいる。
また、日本でも官民協議会が設立され、「空の移動革命に向けたロードマップ」が策定されたほか、複数の自治体が「空飛ぶクルマ」の活用方針を掲げるなど、その動きが加速している。
2.業務提携の目的
MS&ADグループは、米国シリコンバレーに設立したコーポレートベンチャーキャピタル「MS&ADVentures」を通じて、シナジー効果を期待できる海外スタートアップを積極的に発掘してきた。
今回、こうした活動を通じて、三井住友海上は「空飛ぶクルマ」事業の開発で先行するボロコプター社と提携し、具体的なオペレーション経験に関するノウハウを収集する。これにより、「空飛ぶクルマ」の特徴をふまえた商品・サービスの開発を進める。
また、本業務提携を通じて得たノウハウの提供や「空飛ぶクルマ」に対応した商品・サービスの開発により、都市での迅速・快適な移動(渋滞問題の解決等)、中山間地域での移動手段の確保、災害時の利活用等、「空飛ぶクルマ」を活用した社会課題の解決に貢献していく。
3.ボロコプター社の概要
会社名     VolocopterGmbH
本社所在地   Zeiloch20,D-76646Bruchsal,GERMANY(ドイツ・ブルッフザール)
代表者     CEOFlorianReuter
設立年     2011年
主な事業内容
「空飛ぶクルマ」のサービス開発、パートナー企業とのエコシステムの構築(機体開発、輸送サービスの提供、航空管制、離発着場の開発・運営、機体メンテナンス等)
オフィシャルサイト https://www.volocopter.com/en/

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、吉沢亮さん、清野菜名さんが共演するラジオCMの放送を開始

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

関連商品