シンニチ保険WEB

アクサ損保、SBI日本少短と代理店契約を締結「バイク保険」の相互販売を開始

アクサ損保(以下「アクサダイレクト」)は、SBI日本少額短期保険株式会社(以下「SBI日本少短」)と代理店委託契約を締結し、2020年2月4日より「アクサダイレクトのバイク保険」(アクサダイレクト総合自動車保険)と「みんなのバイク保険」(車両専用保険)の相互販売を開始した。
少額短期保険のリーディングカンパニーのひとつであるSBI日本少短の「みんなのバイク保険」(車両専用保険)は、合理的な保険料で新車・中古車にかかわらず単独加入が可能なバイク向け車両保険である。「盗難」および交通事故による「全損」「半損」に対応する3つの特約を組み合わせることで、お客さま自身の補償ニーズに合わせて補償内容をカスタマイズすることができる(組み合わせには一定の条件がある)。
インターネットで申込みを完結できる商品で、アクサダイレクトのウェブサイトからも簡単に手続きできるようになった。また、「みんなのバイク保険」(車両専用保険)のウェブサイトからも「アクサダイレクトのバイク保険」(アクサダイレクト総合自動車保険)の申込みが可能となるため、お客さまの利便性もさらに向上する。
今回の相互販売により、事故の際のケガや賠償責任を補償する同社のリスク細分型「アクサダイレクトのバイク保険」(アクサダイレクト総合自動車保険)と「みんなのバイク保険」(車両専用保険)をあわせてお客さまにおすすめできるようになることで、より一層お客さまが安心・安全なバイクライフを送れるようサービスの拡充をめざす。
アクサダイレクトは、今後も「お客さまが自信をもって、より良い人生を送れるように寄り添う」という企業理念の実現をめざし、革新的で卓越したサービスの提供に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「再造林等費用補償特約」を発売

損保

東京海上日動、「電力卸売価格変保険」の販売開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

メディケア生命、「新メディフィットA」・「メディフィットRe」法人契約取扱い開始

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

関連商品