シンニチ保険WEB

レスキュー損保、家財保険包括契約を販売

レスキュー損保は、令和2年1月27日より、賃貸住宅向けの家財保険包括契約を販売する。
同社は令和元年7月29日に開業した新しい損害保険会社。これまでは法人向けの約定履行費用保険のみ販売していたが、同日より家財保険も商品ラインナップに追加した。
今後は、火災保険や修理保険など商品の充実に積極的に取り組んでいく。また、急速に発展するデジタル社会に対応し、先進的な保険商品の開発にも積極的に取り組んでいく。
同日より販売する家財保険の詳細は以下の通り。
1.家財保険の概要
賃貸住宅入居者が抱える様々なリスク(火災、風水災、盗難、賠償責任など)に備える保険で、賃貸住宅に入居するタイミングで加入することが一般的。
同社の家財保険の補償内容は別紙の通り。
2.家財保険の包括契約とは
包括契約とは、部屋を貸す側(不動産会社や家主など)が保険契約者となり、部屋を借りる人(入居者)が被保険者となる保険契約の形態。
一般的な契約(入居者が保険契約者かつ被保険者となる契約形態)と比べ、包括契約のメリットは以下の通り。
①入居者毎の保険申込手続きが不要のため、不動産会社や入居者の手間がなくなる
②入居者毎の解約や更新手続きが不要なため、不動産会社や入居者の手間がなくなる
③入居中はずっと補償されるため、入居者にとっても家主にとっても安心
3.主な販売方法
保険契約者に対して同社社員が対面で販売する。(ネット販売は行わない)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<生きるためのがん保険 Days1 ALL-in>を発売

生保

ライフネット生命、保険募集代理店としてP2P保険「わりかん がん保険」の販売を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保サイバーセキュリティ保険を自動付帯した「アイコンサービス」の提供開始

生保

太陽生命、中京銀行で「My介護Best」の販売開始

損保

アクサ損保、SBI日本少短と代理店契約を締結「バイク保険」の相互販売を開始

生保

PGF生命、提携金融機関4行で2商品を販売開始

生保

エヌエヌ生命、経営者の“突然のリスク”に備える保険「エマージェンシー プラス L」「エマージェンシー プラス LII」を発売

生保

SBI生命、全国の「ほけんの窓口」直営店424店舗で、就業不能保険“働く人のたより”の販売を開始

損保

ジェイアイ傷害火災、新型コロナウイルスに関する保険の取扱い

生保

マニュライフ生命、『マニュライフつみたて終身 〈外貨建/無告知型〉』を野村證券で発売