シンニチ保険WEB

アイペット損保、人気飼育犬種・猫種ランキング2019を発表

アイペット損保は、毎年、前年1年間に同社のペット保険に加入し、保険契約が開始された犬・猫を対象に、人気飼育犬種・猫種ランキングの調査を行っている。今年も、2019年1月1日~12月31日の期間に加入し、保険契約が開始されたペットを対象にしたランキングを発表する。また、今回から新たに調査対象を拡大し、今年の干支の”子年”にちなみ「ネズミ」や、「うさぎ」「鳥」「ハムスター」についての調査結果も初公開している。
【犬部門】
令和最初の飼育犬種ランキングでは、昨年に引き続き、「トイ・プードル」が第1位となった。また、1位の「トイ・プードル」から6位の「ポメラニアン」までが昨年同様の順位となった他、トップ10圏内の犬種は、すべて昨年同様の顔ぶれが並び、引き続き、小型犬が上位の多くを占めた。
【猫部門】
猫種のランキングでは、昨年に引き続き「ミックス」が第1位となり、1位の「ミックス」から3位の「日本猫」までが3年連続で同じ順位となった。その他、9位に美しいレオパード柄が特徴的な「ベンガル」が入り、初のトップ10入りを果たした。
【番外編:小動物部門】
今回の調査では、エキゾチックアニマルが対象となる同社のペット保険「うちの子キュート」に加入し、契約が開始された小動物のランキングについても、初公開している。
【調査方法】
2019年1月1日~2019年12月31日にアイペットの保険に加入し、保険契約が開始された犬・猫の品種、ネズミ・うさぎ・鳥・ハムスターを集計
※ランキング表の()内は昨年度の順位を表している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、「アイペットうちの子HAPPYマラソン」延期

生保

富国生命、「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施

生保

ソニー生命、子どもの教育資金に関する調査2020

損保

au損保、東京都の自転車事故に関する調査を公表

損保

アイペット損保、「静岡営業所」の新設及び、新潟営業所が支店昇格

損保

アイペット損保、「Animal World Cup 2020 in Tokyo」延期に伴い、アイペット うちの子HAPPYパラマラソンを中止

損保

損保ジャパン日本興亜、「LINEほけん」で自転車保険の意識調査を実施

損保

アイペット損保、保有契約件数が50万件を突破

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査を実施

損保

アイペット損保、アイペット対応動物病院を追加