シンニチ保険WEB

ソニー損保、「手話・筆談サービス」の提供対象を拡大

ソニー損保は、2020年1月14日から、「手話・筆談サービス」の提供対象を拡大した。
「手話・筆談サービス」は、耳や言葉の不自由なお客様と同社担当者が、手話・筆談サービスを提供するオペレーターを介して、リアルタイムにコミュニケーションを図れるようにしたものである。2019年9月から事故対応サービスやロードサービス、保険金請求手続などを対象に開始したが、2020年1月14日から、契約前の保険商品に関する問合せや相談、契約手続や契約内容変更手続などにも利用できるようにした。
契約前や契約手続時は、これまでも、耳や言葉の不自由なお客様にはチャットやメールなどで応対していたが、手話や筆談も追加することで、より多くのお客様が同社の各種サービスをスムーズに利用できるようになると考えている。
今後も、お客様との円滑なコミュニケーションを促進するとともに、サービスのさらなる品質向上と拡充に向けて引続き取組みを進める。
【「手話・筆談サービス」の概要】
■ サービスの概要
手話や筆談の通訳を行う株式会社プラスヴォイス(以下、プラスヴォイス)が提供する、通信技術を活用した手話・筆談通訳サービスを利用する。プラスヴォイスのオペレーターが、手話・筆談・文字チャットによりお客様からの問合せ等を承り、お客様に代わって同社に連絡のうえ通訳する。
■ サービスの提供時間
9時~20時(土・日・休日も対応)
※各窓口における「手話・筆談サービス」は、上記時間内で各窓口の営業時間に準じて提供する。ただし、医療保険を検討中の人のための問合窓口のみ、営業時間(9時~20時)と手話・筆談サービスの提供時間(9時~18時)が異なる。詳しくは、お問合せ先一覧ページ(https://www.sonysonpo.co.jp/inq/n0010000.html)を確認。
■ サービス利用方法
同社ウェブサイトのお問合せ先一覧ページ(https://www.sonysonpo.co.jp/inq/n0010000.html)の、「耳や言葉の不自由なお客様へ」もしくは各サービス窓口案内の下にある「手話・筆談サービスでご連絡」を選択すると、「手話・筆談サービス」の利用案内ページを確認できる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

損保

三井住友海上、チャットボットによる自動車保険の住所変更手続きサービスを開始

損保

三井ダイレクト損保、お客さまセンター営業時間を変更

損保

ソニー損保、2020年3月期第3四半期の主要業績を発表

生保

マニュライフ生命、第14回全国高校生金融経済クイズ選手権エコノミクス甲子園全国大会大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝

生保

生命保険文化センター、「生命保険と税金の知識」・「ライフプラン情報ブック」を改訂

損保

セゾン自動車火災、「AIによる自動応答サービス(AIチャットボット)」をリニューアル

損保

エイチ・エス損保、ダイヤモンド・プリンセス号に乗船中の海外旅行保険の契約者への発表

損保

ジェイアイ傷害火災、Jiデスク上海 臨時休業

損保

三井住友海上、スマートフォン向け無料アプリ「スマ保災害時ナビ」「ハザードマップ表示機能」と「防災情報翻訳機能」を追加