シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、「東京都スポーツ推進企業」および「スポーツエールカンパニー」の認定取得

損保ジャパン日本興亜とSOMPOひまわり生命は、今般「令和元年度東京都スポーツ推進企業※1」および「スポーツエールカンパニー※2」に認定された。
※1「東京都スポーツ推進企業」:東京都は「スポーツ都市東京」を実現するため、社員のスポーツ活動を推進する取組みや、スポーツ分野における社会貢献活動を実施している企業等を「東京都スポーツ推進企業」として認定し、企業におけるスポーツ活動を推進するとともに、スポーツに対する社会的気運の醸成を図っている。令和元年度は、374社が認定された。
※2「スポーツエールカンパニー」:スポーツ庁は、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、スポーツの実施に向けた積極的な取組みを行っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定している。本制度により、社員がスポーツに親しめる環境づくりを進める企業の社会的評価が向上することで、国民全体のスポーツ実施率の向上につなげていく。令和元年度は、531社が認定された。
1.認定事由
損保ジャパン日本興亜とSOMPOひまわり生命は、SOMPOグループのブランドスローガンである「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現に向け、より多くの方の健康に寄与できるよう、スポーツ振興や社員の健康維持・増進に向けた取組みを行ってきた。
このような取組みが評価され、「東京都スポーツ推進企業」は4年連続、「スポーツエールカンパニー」は3年連続の認定となった。
2.損保ジャパン日本興亜の取組み
損保ジャパン日本興亜は、スポーツを通じて幅広い世代に夢と希望を与えたいと考え、全国各地の子どもたちを対象としたスポーツイベントの支援や、世界で活躍する団体・個人アスリートとのスポンサー契約を締結するなど、積極的にスポーツ振興活動に取り組んでいる。
【主な取組み】
・日本ホッケー協会とのトップパートナー契約
・SOMPOボールゲームフェスタの冠協賛
・ルートインBCリーグのオフィシャルスポンサー契約
・フィギュアスケート島田高志郎選手とのスポンサー契約
・SOMPOダンスプロジェクトの実施
・Facebookを用いた社内外へのクラブ活動・各種イベントの活動記録の情報発信など
3.SOMPOひまわり生命の取組み
SOMPOひまわり生命は、お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指している。そのためには、まず社員一人ひとりとその家族の健康維持・増進が不可欠であるとの考えのもと「健康経営」を実践している。2019年度からは障がい者スポーツへの協賛を開始し、障がい者スポーツの普及・発展に向けた活動を応援するだけでなく、社員も障がい者スポーツに参加応援する機会を創出している。
【主な取組み】
・全社員にウェアラブル端末を配布し、社内ウォーキングキャンペーンを実施
・健康サービスブランド「リンククロス」における健康アプリなどのサービス展開
・SOMPOボールゲームフェスタへの参加
・ピンクリボンフェスティバル特別協賛、スマイルウォーク参加
・認知症の方やその同社家族と走るRUN伴への参加
・障がい者カヌー・パラサイクリングへの協賛など

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、「電波の日・情報通信月間」中国総合通信局長表彰の受賞

生保

ニッセイ・ウェルス生命、HDI格付けベンチマーク「モニタリング」格付けで最高評価の『三つ星』を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和元年度 地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として三年連続で大臣表彰を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、日本初、HDI七つ星認定を取得

損保

三井住友海上、地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として大臣表彰を受賞

損保

東京海上日動、「地方創生に資する金融機関等の『特徴的な取組事例』」で大臣表彰を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、パラ水泳選手の採用と女子マラソン選手の所属について

損保

損保ジャパン、「SOMPOパラリンアートカップ2020」にトップスポンサーとして参画

生保

明治安田生命、IBMが発表したAI活用推進における世界の女性リーダーの1名に金融業界で初めて職員が選出

損保

エイチ・エス損保、「価格.com保険アワード2020年版」海外旅行保険の部で6年連続第1位を受賞