シンニチ保険WEB

アニコムホールディングス、『アニコム家庭どうぶつ白書2019』を公開

アニコムホールディングスでは、このたびペットの疾患統計などをまとめた『アニコム家庭どうぶつ白書2019』を公開した。
『家庭どうぶつ白書』とは、同社が2010年から毎年公開している、世界最大規模のペット統計データ集である。アニコム損保のペット保険の保険金請求データや、独自のアンケート調査の結果をまとめたもので、HPからどなたでも無料で閲覧・ダウンロードすることが可能である(https://www.anicom-page.com/hakusho/)。
●『家庭どうぶつ白書2019』の構成
第1部:家庭どうぶつと家族………………飼育頭数、人気の品種や名前、MIX犬の組み合わせ
第2部:どうぶつ医療を取り巻く環境……地域別、動物種別の診療費
第3部:どうぶつの疾患統計………………どうぶつ種別・品種別の疾患統計、診療費
第4部:エキゾチックアニマルの統計……エキゾチックアニマルの疾患統計、地域別の対応病院数
第5部:アニコムの取り組み………………ペットの遺伝子・再生医療に関する研究、予防への取り組み
コラム:ペットの平均寿命と健康寿命の延伸を考える
【データ概要】
2017年4月1日~2018年3月31日にアニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」の保険契約を開始した対象どうぶつ(※)について、契約情報や保険金請求データを分析。
※対象どうぶつ種と契約数…犬566,299頭、猫105,776頭、鳥2,320羽、うさぎ8,282頭、フェレット3,328頭、モモンガ499頭、リス188頭、ハムスター1,598頭、ネズミ431頭、モルモット362頭、ハリネズミ1,392頭
●『家庭どうぶつ白書2019』WEBダウンロードはこちらから
『家庭どうぶつ白書』WEBサイト:https://www.anicom-page.com/hakusho/
※冊子の販売は行っていない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

エイチ・エス損保、新型コロナウイルスに関する注意喚起を発表

生保

大同生命、「新電力入札支援サービス」の提供開始

生損

共栄火災、富国生命、フコクしんらい生命、全信懇「第39回信用金庫PRコンクール」入賞作品を決定

損保

ソニー損保、「手話・筆談サービス」の提供対象を拡大

生保

三井住友海上プライマリー生命、「最適な提案のための仮説想像力研修」を開発

損保

日新火災、「マンションドクター火災保険」の新付帯サービス「防火管理者受託型コンサルティングサービス」を2020年4月より開始

生保

SOMPOひまわり生命、ストレス計測アプリのリリースおよび血圧測定に関する実証実験開始、ビナー社へ出資

生保

SOMPOひまわり生命、「がんの1次スクリーニング検査『N-NOSE(R)』」※による社会課題の解決に向け業務提携

生保

アクサ生命、「食を通じて健康になる」動画コンテンツを共同開発

損保

三井住友海上、事故対応における翻訳サービスの提供を開始