シンニチ保険WEB

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

AIG損保は、大規模災害時の迅速な保険金支払いに向け、お客さま同席のもと損害状況を確認する日時の予約がオンライン上で完結する予約システムを、業界に先駆け導入する。
災害発生時の保険金支払いに際しては、火災保険を中心にお客さま同席のもと損害状況の確認が必要となる場合がある。従来、立会い日程調整は電話やメールを利用していたが、電話がなかなかつながらない、家族のスケジュール調整に時間がかかり、すぐに日程が決まらないなど、日程確定までに時間がかかるケースが多くなっていた。今回導入する予約システムでは、24時間いつでもオンライン上でお客さまが空き状況を確認し、空いている日時にお客さま自身が予約を入れることができるため、日程確定までの時間を短縮できると共に、保険会社の担当者と連絡がすぐつかない、といった待ち時間の軽減にもつながる。
当システムは、保険金請求事案が集中する、地震や台風、豪雨、豪雪といったさまざまな大規模自然災害発生時の個人火災や企業火災など火災保険分野および、立会いが必要な場合の自動車保険での活用を想定している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

エイチ・エス損保、新型コロナウイルスに関する注意喚起を発表

生保

日本生命、資産運用高度化に向けた有価証券運用システムを整備

損保

AIG損保、国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」を取得

生保

大同生命、「新電力入札支援サービス」の提供開始

生保

SOMPOひまわり生命、認知機能改善・維持の支援をトータルで行う「ニューロトラック脳ケア」アプリの提供開始

生損

共栄火災、富国生命、フコクしんらい生命、全信懇「第39回信用金庫PRコンクール」入賞作品を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドライバーの身体・認知機能に関する実証実験を2020年2月から開始

損保

ソニー損保、「手話・筆談サービス」の提供対象を拡大

損保

SBI損保、日本シーサート協議会に加盟、情報セキュリティ対策を強化

生保

SOMPOひまわり生命、世界最大の家電見本市「CES2020」で最先端テクノロジーを活用したヘルスケアサービスを発表