シンニチ保険WEB

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

AIG損保は、大規模災害時の迅速な保険金支払いに向け、お客さま同席のもと損害状況を確認する日時の予約がオンライン上で完結する予約システムを、業界に先駆け導入する。
災害発生時の保険金支払いに際しては、火災保険を中心にお客さま同席のもと損害状況の確認が必要となる場合がある。従来、立会い日程調整は電話やメールを利用していたが、電話がなかなかつながらない、家族のスケジュール調整に時間がかかり、すぐに日程が決まらないなど、日程確定までに時間がかかるケースが多くなっていた。今回導入する予約システムでは、24時間いつでもオンライン上でお客さまが空き状況を確認し、空いている日時にお客さま自身が予約を入れることができるため、日程確定までの時間を短縮できると共に、保険会社の担当者と連絡がすぐつかない、といった待ち時間の軽減にもつながる。
当システムは、保険金請求事案が集中する、地震や台風、豪雨、豪雪といったさまざまな大規模自然災害発生時の個人火災や企業火災など火災保険分野および、立会いが必要な場合の自動車保険での活用を想定している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険などの事故受付を開始

損保その他

SOMPOリスク、オンラインで行う危機対応体制構築支援サービスの提供開始

損保その他

SOMPOリスク、非接触型BCMコンサルティングサービスの提供開始

生保

SOMPOひまわり生命、生活習慣病の予防をサポートするアプリ「リンククロス健康トライ」の提供開始

損保その他

MS&ADインターリスク総研、日本全国すべての地域を対象とした斜面崩壊リスク評価サービスの提供を開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、『わかりやすく伝える外貨建て保険販売の苦情未然防止研修』をリニューアル

生保

エヌエヌ生命、保険代理店向け事業保険研修プラットフォームの提供を開始

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

損保

MS&ADホールディングス、オンライン型研修プログラム「MS&ADデジタルカレッジfrom京都」を開設

生保

大同生命、デジタル通貨の発行実験を実施