シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、ミャンマーでの損害保険合弁会社を営業開始

東京海上ホールディングスの子会社である東京海上日動が、ミャンマーで損害保険合弁会社を設立することに関する承認が出された。
これに伴い、GrandGuardianTokioMarineGeneralInsuranceCompanyLimited(以下「GGITM社」)の営業を開始する運びとなった。
1.GGITM社の営業開始について
(1)2019年4月26日付けのニュースリリースの通り、同社は、GGITM社の親会社であるGrandGuardianInsuranceHolding社と、現地当局に対して損害保険合弁会社設立に関する認可申請を行うことについて合意し、申請を行った。
(2)その後、子会社である東京海上日動を通じてGGITM社の株式15%を取得し、現地当局が求める全ての条件を充足したことを受け、2019年11月28日付けで、ミャンマー当局から、損害保険合弁会社を設立することに関する承認が出され、GGITM社の営業を開始する運びとなった。
(3)同社は、GGITM社へ取締役および専門人材を派遣し、急速に成長するミャンマー保険市場での事業拡大に努めていく。
2.GGITM社の概要
正式名称   GrandGuardianTokioMarineGeneralInsuranceCompanyLimited
所在地    BetweenPyayRoad&KyunTawStreet,,No.(19/20),A,B,C,DJunctionSquareCompound,KamayutTownship,YangonRegion,Myanmar
主な経営陣  CEO:MyoNaung、DeputyCEO:石塚直人

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本地震再保険、ディスクロージャー誌「日本地震再保険の現状2020」を発行

損保

損保ジャパン、「お客さまの声白書2020」を発行

損保

トーア再保険、有価証券報告書の訂正報告書「第81期(2019年4月1日~2020年3月31日)」を公表

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、かんぽ生命保険商品の募集に係る問題における人事処分を決定

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、グループ社員による持続化給付金の申請・受給に係る対応状況等を公表

損保協会・団体

損保協会、「令和3年度税制改正要望」を決定

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、かんぽ生命保険商品の営業再開条件等を発表

損保

東京海上ホールディングス、新株予約権(株式報酬型ストックオプション)の発行内容確定

生保

プルデンシャル生命、消費者庁の内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)に登録

生保

太陽生命、ミャンマーにおける生命保険関連会社(キャピタル・タイヨウ・ライフ社)の本店を移転