シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、『DataScienceBOOTCAMP第6期』2020年1月より開講

SOMPOホールディングスと、IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を展開するデジタルハリウッド株式会社が運営をする、起業家・エンジニア養成のプログラミングスクール『G’sACADEMYTOKYO』(ジーズアカデミートウキョウ)は2020年1月7日(火)より社会人向けの実戦型データサイエンティスト養成講座『DATASCIENCEBOOTCAMP第6期』を共同開講する。
■『DATASCIENCEBOOTCAMP』について
本講座はこれまでに5回開講し、100名を超えるデータサイエンティストを輩出してきた。いずれの回も、短い申込期間にも関わらず定員の2倍を超える応募が殺到している。
入学審査によって選抜された25~30名の受講生は、まず1.5か月間の集中講義でデータサイエンスの基礎を学ぶ。その後、SOMPOホールディングスが保有するビッグデータを利用して実際の新規ビジネス企画を提案するProjectBasedLearning(実践演習)を通して、実務レベルのデータサイエンティストを目指す。
3か月のカリキュラムの最後には、データを活用した新規ビジネス企画を発表するDEMODAYを開催し、優秀者にはSOMPOホールディングスのSOMPODigitalLabメンバーとしてデータサイエンティストのキャリアをスタートできるチャンスを提供する。
■カリキュラムについて
全3か月のカリキュラムの前半は平日夜・週2回の講座を開講し、AIアプリケーションの実践的な開発を通してデータサイエンスの基礎から応用までを身に付けることができる内容となっている。また、「データサイエンス」スキルの保有者は、今後データサイエンティストと機械学習エンジニアへの分化が進んでいくと考えられることから、両分野に共通する基礎と、両分野の違いを理解することも目的としている。 更に、SOMPOホールディングスにおけるデータサイエンティストの働き方を知る機会があり、実際の業務イメージを持ってカリキュラムに取り組むことができる。
カリキュラム後半ではSOMPOホールディングスが保有する実際のビッグデータを活用し、データドリブンな新規ビジネス企画の提案を行っていく(ProjectBasedLearning)。
個人での開発に加え、メンターがついてのチーム開発を通じて実践演習を行う(メンターはWebページ上で随時発表する)。
最終のDEMODAYでの優秀者にはSOMPOホールディングスのデータサイエンティストとして登用される道が開かれる。また、データリテラシーの高い人材を継続的に社会に輩出し、さまざまな産業のICT化・デジタル化を推し進めることに貢献すると同時に、卒業生によるコミュニティを形成して、データビジネスを行う企業のネットワーク化も推進していく。
■講座概要
開講日:2020年1月7日(火)
期間:全12週間(前半1.5か月は週2回の講義あり)※日程はWebページを確認。
定員:25~30名
受講料:一般110,000円、G’sACADEMY卒業生55,000円(税込)※すべてのカリキュラムを修了後、50,000円のお祝い金を支給する。

■公式ページ
参加申し込みはこちらから
https://sompo.io/bootcamp/

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

生保

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

損保

東京海上ホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」に選定

損保

三井住友海上、『マイナビ健康経営』『マイナビ AGENT』においてマイナビと業務提携

生保

PGF生命、新たに山梨中央銀行と提携

生保

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」の提供を開始

生保

明治安田生命、健康診断結果の改善を支援する新たな「みんなの健活サービス」の提供を開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

関連商品