シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、共同会社設立~ビッグデータ解析ソフトウェアプラットフォーム提供開始~

SOMPOホールディングスとPalantir Technologies Inc.(本社:米国カリフォルニア州/Co-Founder and CEO:Dr. Alexander Karp、以下「Palantir」)は、ビッグデータ解析ソフトウェアプラットフォーム事業を展開するテクノロジー会社Palantir Technologies Japan株式会社(以下「Palantir Japan」)を共同で設立し、日本において事業を展開することに合意したことを発表した。
1.会社設立の背景・目的
SOMPOホールディングスは、「安心・安全・健康のテーマパーク」をブランドスローガンに掲げ、お客さまに「安心・安全・健康」に資するサービスを提供するため、幅広い領域への事業拡大に向けたトランスフォーメーションに取り組んでいる。
Palantirは、2004年に米国で創業され、現在では世界25カ国で政府機関・大企業向けにビッグデータ解析ソフトウェアプラットフォーム「Foundry」と「Gotham」を提供し、世界中の主要業種の重要な組織で利用されている。これらのお客さまは、このソフトウェアプラットフォームを利用することにより、「リスク対策」(サイバーセキュリティ、社内不正監視、マネーロンダリング防止等)や「業務効率化・革新」(計画策定、ヘルスケア研究開発、出荷最適化等)などの分野でのデータの利活用によりデジタルトランスフォーメーションを進めている。
今般、両社は互いの強みを活かし、ビッグデータ解析を通じた日本企業と社会における「安心・安全・健康」を実現するため、Palantir Japanを共同設立するに至った。Palantir Japanは、Palantirの提供するソフトウェアプラットフォーム上でデータを分析・可視化することで組織の意思決定を支援する仕組みを提供していく。
2.Palantir Japanの概要
Palantir Japanは、日本の大企業や公共機関が保有するリアルデータ(※)をPalantirのソフトウェア「Foundry」「Gotham」を活用することで分析し、さまざまな経営課題を解決するとともに、デジタルトランスフォーメーションを支援していく。
※インターネット上からは獲得できない個人・企業の実世界での活動についてセンサー等により取得されるデータ
社名:Palantir Technologies Japan株式会社
所在地:東京都中央区京橋2丁目2‐1
事業開始予定日:2019年12月1日
資本金:US$100M(約108億円)
株式持分:SOMPOホールディングス 50%、Palantir 50%
代表者:代表取締役 CEO 楢﨑 浩一(SOMPOホールディングス、グループ CDO)
代表取締役 Dr. Alexander Karp(Palantir、Co-Founder and CEO)
事業内容:ビックデータ解析ソフトウェアの販売等

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、「SBI損保の自動車保険」継続のお客さま向け優待サービス提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然災害発生時に事故の連絡から支払いまでWEB上で完結できるサービスを開始

損保

三井ダイレクト損保、「防災・減災に繋げる安全運転のためのヒント集」に記事を追加

損保

損保ジャパン、「お客さまの声白書2020」を発行

損保

楽天損保、「楽天マイカー割」登録者を対象に「マイカー割保険」を7月29日(水)より提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、レピュテーショナルリスクから企業を守る「レピュテーショナルリスクサービス」をリリース

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、厚生労働省が推進する「介護ロボット開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」に参画

損保

損保ジャパン、関西電力の法人顧客向け「かんでん総合防災サービス」でSOMPOグループの商品・サービスの提供を開始

損保

損保ジャパン、オンライン美術館「SOMPO美術館ガイドムービー」公開

損保

AIG損保、24時間365日対応可能な「デジタル保険金請求」の対象商品を7月30日より拡大