シンニチ保険WEB

三井住友海上、インドの持分法適用会社マックス生命とその親会社MFS社における株式の交換および一部売却の中止を決定

三井住友海上は、8月6日に合意※した、同社が保有するインドの持分法適用会社であるMax Life Insurance Company Limited(以下「マックス生命」)の株式における、親会社 Max Financial Services Limited(以下「MFS社」)との株式の交換および一部売却取引について、11月6日付で中止を決定した。
基本合意以降、三井住友海上は最終合意書の締結に向けMFS社と協議を行ってきたが、条件の合意に至らず、取引を中止するもの。
なお、三井住友海上はこれまでと同様、合弁パートナーであるMFS社とともに、マックス生命の経営に関与し、企業価値向上に向けて取り組んでいく。
※基本合意の概要
三井住友海上が保有するマックス生命の株式25.22%のうち、19.98%をMFS社の新株21.43%と交換し、残り5.24%をMFS社に売却する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

損保

三井住友海上、電力需給のひっ迫回避に向けた取組みを実施

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、サプライチェーン攻撃対策の包括的支援メニューを提供開始

損保

三井住友海上、『マイナビ健康経営』『マイナビ AGENT』においてマイナビと業務提携

関連商品