シンニチ保険WEB

AIG損保、医療保険で業界初 入院時のペットケア費用を補償

AIG損保は、『医療総合保険』、『医療総合補償特約付傷害総合保険』の入院諸費用保険金の補償範囲を2020年1月1日より*1拡大する。これにより、入院時のペットケア費用の補償も可能となる。
ペットを飼育する上での心配事のひとつとして、自身が病気やけがで入院しなければならないときのペットの世話が挙げられる。ペットを家族の一員として飼育する家庭が増加する中、高齢化やひとり暮らし、共働きなどにより、万一の入院の際には、ペットシッターやペットホテルを利用したいというニーズを受け、今回、特徴である「実費補償」のさらなる充実を図った。
【改定の概要】
・入院諸費用保険金の補償範囲拡大
入院諸費用保険金は、差額ベッド代などの実費補償に加えて、ホームヘルパーの雇入費用等*2を15,000円×雇入・預入日数を限度に補償するものであるが、改定後は、ペットシッターの雇入費用やペットホテルへの預入費用*3も支払いの対象となる。
・保険料
今回の改定による保険料の変更はない。
・対象となるペット
被保険者(保険の対象者)が日常的に居住している主な場所において飼育している哺乳類、鳥類、爬虫類
・対象となる保険
入院諸費用補償特約がセットされた、以下の保険*4が対象となる。
・医療総合保険(実費補償型・引受基準緩和型)
・医療総合補償特約付傷害総合保険
*1 2020年1月1日以降開始した入院から、拡大した補償の対象となる。
*2 被保険者(保険の対象者)の入院時に発生した下記の費用が対象となる。
ホームヘルパー・ベビーシッター・清掃代行サービス業者・介護従事者の雇入費用、保育所・介護施設への預入費用の合計
*3 改定後は、これらの費用と上記*2の費用の合計を、15,000円×雇入・預入日数を限度に補償する。
*4 2018年1月1日以降保険始期の契約が改定の対象となる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け防災・減災サービス「かぞくの災害掲示板」の提供を開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0円”に「筑邦銀行がお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「リトルファミリー少額短期保険株式会社」を開業

生保

マニュライフ生命、「こだわり変額保険」の商品パンフレットでUCDA認証「見やすいデザイン」を取得

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、【業界初】AIを活用した建物損害額算出システムを導入

生保

太陽生命、北海道銀行にて「感染症プラス入院一時金保険」を販売開始

損保

SOMPOホールディングス、タイのキャッサバ農家向け「天候インデックス保険」提供開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、エルテスが風評リスク対応費用保険を発売

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品「所得保障保険」の販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルス終身医療保険<円建/外貨建>』を販売開始

関連商品