シンニチ保険WEB

三井住友海上、AIを活用した自動車保険見積書作成支援アプリの開発について

三井住友海上は、AIを活用した自動車保険見積書作成支援アプリを開発した。
本アプリは、スマートフォン等のカメラで撮影した自動車保険証券の画像をAIが自動で読み取る機能を搭載。従来、見積書の作成には数十項目の手入力が必要だったが、本アプリにより、必要なテキストデータを自動で抽出し、簡単かつスピーディな作成が可能となる。お客さまを待たることなく保険を提案できるほか、代理店の見積書作成にかかるロードを軽減する。
1.本アプリの概要
同社代理店が、スマートフォン専用アプリでお客さまの保険証券を撮影し画像データを専用サーバに送信すると、AIが見積書作成に必要なテキストデータを抽出する。代理店は抽出されたデータをパソコンで確認し、見積書作成システムに転送するだけで簡単かつスピーディに見積書の作成が可能となる。 また、AIを活用しているため、撮影を行うほど識字率が高まる。
なお、本アプリは、MS&ADシステムズ株式会社(社長:柳瀬俊也)のプロジェクト管理のもと、Arithmer株式会社(社長:大田佳宏)と共同で開発している。
2.期待される効果
本アプリにより、お客さまからの自動車保険証券の提示から見積書の提案まで約70%の時間短縮が見込まれるため、お客さまの待ち時間が大幅に削減される。
3.今後について
AIの機械学習を通じて読み取り精度が高まるため、撮影を行うほどにお客さまの待ち時間の短縮と代理店の見積書作成にかかるロード軽減につながる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

損保

三井住友海上、電力需給のひっ迫回避に向けた取組みを実施

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、サプライチェーン攻撃対策の包括的支援メニューを提供開始

関連商品