シンニチ保険WEB

SBI損保、「カシャッとスピード見積り」を2019年11月より提供開始

SBI損保は、主要他社の自動車保険証券の写真や画像をもとに、SBI損保の自動車保険の保険料見積りに必要な情報を自動で読み取り、概算保険料をその場で表示するサービス「カシャッとスピード見積り(通称:カシャッピ)」の提供を、2019年11月より開始した。また、AI搭載型OCRを用いた自動車保険の概算保険料見積りサービスに関する特許を出願した。
本サービスは、スマートフォンやタブレットにおけるWebブラウザ上でカメラが動作するため、専用アプリ等のダウンロードが不要なほか、株式会社ダブルスタンダードによる、独自のAI技術を用いたビッグデータのクレンジング機能を利用することで、高い読取精度を実現した。また読み取ったデータはSBI損保のWebサイトの見積入力画面にプリセットされるため、お客さまの見積りに必要な入力操作の負担が軽減される。加えて、保険料計算APIにより、自動車保険システムとスムーズに連携することで、概算保険料の 見積り後は、そのまま申込手続きへと進んでいくことが可能である。
●サービス詳細:https://www.sbisonpo.co.jp/car/ocr/cha/press.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、「SBI損保でご契約ありがとう!キャンペーン」を実施

損保

SOMPOホールディングス、共同会社設立~ビッグデータ解析ソフトウェアプラットフォーム提供開始~

損保

SBI損保、ベルーナ会員へ「SBI損保のがん保険」(無料プラン・追加補償プラン)の提供を開始

生保

チューリッヒ生命、SMSを使ったインターネット手続きの案内サービスを開始

損保

三井住友海上、代理店問い合わせ対応における有人チャットを導入

損保

損保ジャパン日本興亜、AIを活用したナレッジ検索システムの提供

生保

オリックス生命、申込書類のデータ化業務に「AI-OCR」を導入

生保

アフラック生命、「オンライン医療相談サービス」の提供を開始

損保

AIG損保、リスク診断アプリ「海外進出ビジネス簡易診断サービス」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、国土地理院の浸水推定情報を活用したお客さま対応に関する取組みを実施