シンニチ保険WEB

SBI損保、「カシャッとスピード見積り」を2019年11月より提供開始

SBI損保は、主要他社の自動車保険証券の写真や画像をもとに、SBI損保の自動車保険の保険料見積りに必要な情報を自動で読み取り、概算保険料をその場で表示するサービス「カシャッとスピード見積り(通称:カシャッピ)」の提供を、2019年11月より開始した。また、AI搭載型OCRを用いた自動車保険の概算保険料見積りサービスに関する特許を出願した。
本サービスは、スマートフォンやタブレットにおけるWebブラウザ上でカメラが動作するため、専用アプリ等のダウンロードが不要なほか、株式会社ダブルスタンダードによる、独自のAI技術を用いたビッグデータのクレンジング機能を利用することで、高い読取精度を実現した。また読み取ったデータはSBI損保のWebサイトの見積入力画面にプリセットされるため、お客さまの見積りに必要な入力操作の負担が軽減される。加えて、保険料計算APIにより、自動車保険システムとスムーズに連携することで、概算保険料の 見積り後は、そのまま申込手続きへと進んでいくことが可能である。
●サービス詳細:https://www.sbisonpo.co.jp/car/ocr/cha/press.html

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会、住宅修理サービスなどのトラブル注意喚起動画を作成

生保

アクサ生命、LINEで変額保険の運用状況が確認できる業界初のサービスを開始

生保

かんぽ生命、特約の中途付加(切替特則)における旧特約保険料の収納誤りが判明

生保

ソニー生命、カスタマーセンターで手話・筆談サービスを開始

損保

ジェイアイ傷害火災、新型コロナウイルスの影響によるJiデスクの営業状況をHPに掲載

損保

エイチ・エス損保、たびとも事故連絡専用フォーム開設

生保

あいおいニッセイ同和損保、自動車事故の原因調査に「画像解析フォレンジック」を本格導入

生保

かんぽ生命、高齢の契約者の手続き内容等の送付開始

損保

三井住友海上、Webサイトでの保険金請求手続きサービスを開始

損保

ソニー損保、AIを活用した運転特性連動型自動車保険「GOODDRIVE」販売を開始