シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、LGBT取組評価「PRIDE指標」で最高評価受賞~LGBTの社員が働きやすい環境構築に向けた取組みについて

損保ジャパン日本興亜は、このほど、性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体 work with Pride(以下、「wwP」)から、企業の性的マイノリティ(以下、「LGBT」)に関する取組みにおいて、評価指標「ゴールド」を受賞した。社員が働きやすい環境構築に向けた取組み内容とあわせて発表した。
●「PRIDE指標」で「ゴールド」評価を受賞
2016年に任意団体wwPが策定した、LGBTに関する取組みの評価指標「PRIDE指標」において、「ゴールド」を受賞した。この評価は、1. Policy (行動宣言)、2.Representation (当事者コミュニティ)、3. Inspiration (啓発活動)、4. Development (人事制度・プログラム)、5.Engagement (社会貢献・渉外活動) の5つの評価指標で採点するもの。損保ジャパン日本興亜は、5項目すべてを満たし最高評価を受賞した。
●LGBTの社員が働きやすい環境構築に向けた取組み
同社では、本社ビル・研修施設に「ジェンダーフリートイレ」、本社診療所に「誰でも更衣室」を設置するなど環境を整備している。また、LGBTに対する理解を深めるために、教材・ワークブックの全職場への提供や、全社員受講必須としたeラーニングの実施など社員の教育も行っている。加えて、今年度から「LGBT-ALLYコミュニティ」を設立し、メンバーは意見交換や情報共有、誰もが働きやすく働きがいのある環境・風土を構築するために必要だと考える施策を自ら具現化することを目的としたプロジェクト活動を行っている。有志を募って日本最大級のLGBTのイベント「東京レインボープライド2019」のパレードに参加するなど、社員の意識啓発やネットワーク構築にも取り組んでいる。
●今後について
ダイバーシティをグループの成長に欠かせない重要な経営戦略の一つとして位置づけ、「Diversity for Growth」を旗印に、引き続き、多様な人材が強みを発揮しながら活躍するための制度づくり、風土づくりに力を入れていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

生保

第一生命ホールディングス、第一生命、保険業界初、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件が決定

生保

T&Dホールディングス、第2回「プラチナキャリア・アワード」優秀賞を受賞

生保

日本生命、「ITJapanAward2020」特別賞を受賞

生保

アフラック生命、“InnovationEfma主催“InnovationinInsuranceAwards”を受賞

損保

三井住友海上、「Efma-Accenture Innovation in Insurance Awards 2020」Workforce Transformation(人材変革)部門で銀賞を受賞

損保

SOMPOホールディングス、「電波の日・情報通信月間」中国総合通信局長表彰の受賞

生保

ニッセイ・ウェルス生命、HDI格付けベンチマーク「モニタリング」格付けで最高評価の『三つ星』を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和元年度 地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として三年連続で大臣表彰を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、日本初、HDI七つ星認定を取得