シンニチ保険WEB

エイチ・エス損保、ネット海外旅行保険「たびとも」をリニューアル

エイチ・エス損保は、ネット海外旅行保険「たびとも」を改定し、2019年10月16日から販売開始する。
改定後の「たびとも」は、2019年11月17日以降に海外へ出発されるお客様の契約に適用される。
「たびとも」は、エイチ・エス損保が提供するインターネット専用の海外旅行保険である。
これまでも「リーズナブルな価格でお客様に安心を届けたい」との思いから、「たびとも」を改定してきが、今回さらに多くのお客様に利用・満足できる商品にリニューアルした。
【ネット海外旅行保険「たびとも」リニューアルの概要】
■引受けの拡大~70歳以上のお客さまも利用可能に~
ネット海外旅行保険を発売して以降、69歳までを対象としてきたが、年齢に関係なく加入できるように改定する。
※年齢に応じた保険料・プランが設定される。また、契約者については、「18歳以上」から「20歳以上」に変更する。
■リピーター割引~2回目以降の契約がお得に~
お客様の要望が多かった「複数回ご利用の場合の割引」を導入する。
「リピーター割引」は、以下の全てに該当する場合に適用される。
□同社マイページにログイン
□過去2年以内に満期を迎えた「たびとも」または「スマートネッとU」の契約がある
□同社マイページから契約に進む
■補償内容の改定~補償をよりわかりやすく~
航空機寄託手荷物遅延・航空機遅延について、1万円の定額払いに変更し、保険金の支払いをわかりやすく・迅速にする。(航空機遅延はオプションで契約にセットできる。)
また、携行品損害について、オプションで「電子機器等」(スマートフォン・デジカメなど)の補償が付けられる。オプションをセットすることで、現在補償対象外のスマートフォンなどを含めた「電子機器等」が補償される。
※「たびとも」補償内容の詳細は、重要事項等説明書などを参照ください。
■電子証券の提供~海外旅行をより便利に~
契約のお客様に「電子証券」を発行する。スマートフォンなどからいつでも保険証券を確認することができ、書面の証券を携行しなくても安心である。
※書面の保険証券を希望の場合は、追加保険料(150円)を支払う。
支払方法がコンビニ払いの場合は、書面の保険証券を必ず発行する。
■上記記載の年齢別の保険料、リピーター割引、補償改定のほか、旅行目的地の細分化を進め、より合理的な保険料で「たびとも」を契約できるようになる。
保険料は契約条件により異なる。
※契約条件によっては、保険料が引き上げとなる場合もある。
エイチ・エス損保は、今後もお客様からの要望にもとづき、満足できる商品・サービスの提供に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、旅行事業者向け『国内ツアー補償制度』の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、『わかりやすく伝える外貨建て保険販売の苦情未然防止研修』をリニューアル

生保

第一フロンティア生命、通貨指定型終身保険「プレミアプレゼント2」を販売開始

生保

明治安田生命、対話型自動応答サービス「AIチャットボット」を導入

損保

損険ジャパン、『家賃プロテクション保険』の販売開始

損保

SBI損保、福島銀行にて火災保険取扱いを開始

生保

太陽生命、北都銀行において「My介護Bestプラス」を発売

生保

PGF生命、提携金融機関3行で3商品を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じ、『エムソリューションⅢ終身保険型(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みずほ証券および東海東京証券を通じ、『終身保険プレミアム(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始