シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、新スマホアプリ「三井ダイレクト損保アプリ」をリリース

三井ダイレクト損保は、契約者向けスマートフォンアプリ「三井ダイレクト損保アプリ」を一新し、リリースした。
各種契約手続きはもちろん、事故・故障時の連絡、事故担当者とつながる「安心メッセージボード」やオフラインでも使える契約照会、契約者専用優待サービス「クラブオフ」の利用など、同社の“安心・お得・便利”をスマホアプリにまとめた。
また、2021年1月満期契約からは、本アプリを使うことで、煩わしい契約更新手続きが驚くほど簡単になる。
三井ダイレクト損保は、2020年6月1日に開業20周年を迎える。これからも、スマホを基軸とした「スマホファースト」の会社を目指し、お客さまがいつでも・どこでも快適に保険やサービスを利用いただけるよう、順次サービスを強化していく。
1.保険証券をアプリで
1)普段は持ち歩かない保険証券。オフラインや回線速度が遅い環境でも確認することができる。
※オフライン時は前回ログイン時の内容を時点表示
2)忘れがちなお客さま専用ページ(Myホームページ)のパスワード。一度ログインすれば2回目以降は生体認証(顔認証・指紋認証)で簡単にログインできる。
2.事故連絡をワンタップで
1)事故対応時のコミュニケーションツール(安心メッセージボード)の更新をプッシュ通知で知らせる。もちろん、そのまま安心メッセージボードの更新もできる。
2)ロードサービスの利用の際、トラブル発生地点の位置情報をロードサービスセンターへ通知できる。
4.簡単な継続手続き
1)プッシュ通知で満期案内を通知。これにより手間なく案内を確認することができる。
2)2021年1月満期契約からは、本アプリを使うことで、煩わしい契約更新手続きが驚くほど簡単になる。
5.お得なクーポン
現在地周辺で利用できる契約者専用優待サービス「三井ダイレクト損保クラブオフ」のレストランやレジャー施設などのクーポンを確認できる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコムホールディングス、『アニコム家庭どうぶつ白書2019』を公開

損保

SBI損保、エスオーユーホールディングスグループの従業員を対象にがん保険集団扱の提供を開始

損保

損保協会、そんぽADRセンター統計号を発行

生保

日本生命、クラウド型経費精算システムを導入

損保

東京海上日動、自動車保険の事故対応サービスにおける付加価値向上に向けた取組みを開始

損保

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

損保

損保ジャパン日本興亜、全国初、さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始

生保

アフラック生命、「JCBプレモデジタル」を<アフラックの健康応援医療保険>の健康還付金受取方法に導入

生保

アフラック生命、「VisualIVR」サービス開始

損保

東京海上日動、海外旅行保険に新たなサービスを付帯