シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットとオリンピックに関する調査を実施

アイペット損保は、体育の日にちなみ、犬・猫(以下、ペット)の飼育者1,001名を対象に、開催まで残り9か月となったオリンピックとペットに関するアンケート調査を実施した。
【調査結果サマリー】
●約9割の飼育者が、ペットが運動する機会があると回答した
●ペットに運動する機会をつくる理由は、犬飼育者は「ペットの健康維持のため」、猫飼育者は「ペットとのコミュニケーションを大事にしたいから」が最多
●ペット版オリンピックがあれば、自分のペットを参加させたい競技は、犬飼育者・猫飼育者ともに「リレー」が最多、その他犬猫の特徴を活かした競技を選択した人が多数
□ペットとスポーツに関する調査:https://www.ipet-ins.com/info/12830/
【調査概要】
調査対象:全国の犬・猫飼育者
調査人数:1,001名
調査期間:2019月8月6日~8月9日
調査方法:インターネットによるアンケートを実施

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、うちの子 HAPPY PROJECT『飼い方アンケート調査』結果公開

損保

アイペット損保、保有契約件数が55万件を突破

生保

大同生命、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施

損保

セゾン自動車火災、プラスチックごみ削減に向けた取組みと消費者行動の変化に関する調査を実施

損保

au損保、自転車の車道通行に関する調査を実施

生保

住友生命、「Vitality」”加入者へのアンケート調査結果を発表

生保

日本生協連、新型コロナウイルス感染症についてのアンケート第3弾 結果を発表

生保

日本生命、「レジ袋有料化」に関するアンケート調査を実施

損保

アイペット損保、「まもなく保有契約件数55万件突破プレゼントキャンペーン」開始

損保

三井ダイレクト損保、新型コロナウイルス感染拡大による日々の運転量の変化に関するインターネット調査を実施