シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットとオリンピックに関する調査を実施

アイペット損保は、体育の日にちなみ、犬・猫(以下、ペット)の飼育者1,001名を対象に、開催まで残り9か月となったオリンピックとペットに関するアンケート調査を実施した。
【調査結果サマリー】
●約9割の飼育者が、ペットが運動する機会があると回答した
●ペットに運動する機会をつくる理由は、犬飼育者は「ペットの健康維持のため」、猫飼育者は「ペットとのコミュニケーションを大事にしたいから」が最多
●ペット版オリンピックがあれば、自分のペットを参加させたい競技は、犬飼育者・猫飼育者ともに「リレー」が最多、その他犬猫の特徴を活かした競技を選択した人が多数
□ペットとスポーツに関する調査:https://www.ipet-ins.com/info/12830/
【調査概要】
調査対象:全国の犬・猫飼育者
調査人数:1,001名
調査期間:2019月8月6日~8月9日
調査方法:インターネットによるアンケートを実施

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、「中小企業の経営者のサイバーリスク意識調査2019」を発表

損保

アイペット損保、人気飼育犬種・猫種ランキング2019を発表

損保

アイペット損保、『アイペットうちの子HAPPYマラソン2020』へ特別協賛

生保

カーディフ生命、「世代別の生活価値観・住まいに関する意識調査」を実施

損保

エイチ・エス損保、「たびともアンケート2019年11月」を公表

損保

ソニー損保、「2020年新成人のカーライフ意識調査」を実施

損保

アイペット損保、アイペット対応動物病院を追加

生保

SOMPOひまわり生命、「糖尿病予備軍と非予備軍の生活習慣比較調査」を実施

損保

SOMPOホールディングス、「親の介護に関する調査」結果を発表

生保

日本生命、2019年の振返りと2020年への期待に関するアンケートを実施