シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、C2Cカーシェア事業者向け1日自動車保険「ワンデーサポーター」の提供開始

あいおいニッセイ同和損保は、今後更なる発展が見込まれるカーシェアリングのうち、C2Cカーシェアリング※1のプラットフォームを運営する事業者に向けて1日自動車保険「ワンデーサポーター」を提供する。
※1…C2Cカーシェアリングとは、会員登録している利用者同士が個人所有の車を貸し借りするサービス。
1.背景
昨今、変革の時代を迎えている自動車産業の動向を象徴するキーワードである「CASE※2」に対し、同社では安全・安心なモビリティサービスの実現に向け、様々な保険商品の開発や実証実験に取り組んでいる。上記取組のなかで、今回、成長著しいC2Cカーシェアリングにおいて、ドライバーの保険の加入漏れなどを防止し、安全・安心なプラットフォーム運営の実現に寄与するため、カーシェア事業者へのワンデーサポーターの提供を開始した。
※2…CASEは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared&Services(カーシェアリングとサービス/シェアリングのみを指す場合もある)、Electric(電気自動車)の頭文字をとった造語。
2.取組概要
今回、C2Cカーシェア事業者が運営するプラットフォームを通じて、オーナーと共同で車を使用するドライバーに対し、簡便にワンデーサポーターを提供する仕組みを構築した。現行のワンデーサポーターは、同社専用サイトからの加入に限定していたが、今回C2Cカーシェア事業者が運営するプラットフォームから直接保険の加入手続きができるようになり、C2Cカーシェア事業者やドライバーの保険加入手続きを極小化し、併せてドライバーの保険の加入漏れを防ぐことが期待される。
3.今後の展望
今後、C2Cカーシェア事業者やドライバーのニーズに応じた保険商品の開発、より利便性の高い加入手続きを実現するシステム構築などの検討を進める。加えて、C2Cカーシェアリングは、運転歴の浅い若年層での普及・利用が見込まれるため、運転技術のスコアリング化や事故防止サービスの開発も検討していく。
またC2Cカーシェアリングに止まらず、変化の著しい「CASE」への対応を強化し、安全・安心なモビリティサービスの発展に寄与する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

メディケア生命、「新メディフィットA」・「メディフィットRe」法人契約取扱い開始

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の事故データとSNSビッグデータの分析で、地域の自然災害リスクを調査する実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する同社商品・サービスを拡充

関連商品