シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、C2Cカーシェア事業者向け1日自動車保険「ワンデーサポーター」の提供開始

あいおいニッセイ同和損保は、今後更なる発展が見込まれるカーシェアリングのうち、C2Cカーシェアリング※1のプラットフォームを運営する事業者に向けて1日自動車保険「ワンデーサポーター」を提供する。
※1…C2Cカーシェアリングとは、会員登録している利用者同士が個人所有の車を貸し借りするサービス。
1.背景
昨今、変革の時代を迎えている自動車産業の動向を象徴するキーワードである「CASE※2」に対し、同社では安全・安心なモビリティサービスの実現に向け、様々な保険商品の開発や実証実験に取り組んでいる。上記取組のなかで、今回、成長著しいC2Cカーシェアリングにおいて、ドライバーの保険の加入漏れなどを防止し、安全・安心なプラットフォーム運営の実現に寄与するため、カーシェア事業者へのワンデーサポーターの提供を開始した。
※2…CASEは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared&Services(カーシェアリングとサービス/シェアリングのみを指す場合もある)、Electric(電気自動車)の頭文字をとった造語。
2.取組概要
今回、C2Cカーシェア事業者が運営するプラットフォームを通じて、オーナーと共同で車を使用するドライバーに対し、簡便にワンデーサポーターを提供する仕組みを構築した。現行のワンデーサポーターは、同社専用サイトからの加入に限定していたが、今回C2Cカーシェア事業者が運営するプラットフォームから直接保険の加入手続きができるようになり、C2Cカーシェア事業者やドライバーの保険加入手続きを極小化し、併せてドライバーの保険の加入漏れを防ぐことが期待される。
3.今後の展望
今後、C2Cカーシェア事業者やドライバーのニーズに応じた保険商品の開発、より利便性の高い加入手続きを実現するシステム構築などの検討を進める。加えて、C2Cカーシェアリングは、運転歴の浅い若年層での普及・利用が見込まれるため、運転技術のスコアリング化や事故防止サービスの開発も検討していく。
またC2Cカーシェアリングに止まらず、変化の著しい「CASE」への対応を強化し、安全・安心なモビリティサービスの発展に寄与する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、諸利率を更改

生保

T&Dフィナンシャル生命、ふくおかフィナンシャルグループ4銀行にて『ファイブテン・ワールド2』の販売を開始

生保

大樹生命、保険金すえ置き利率等を改定

生保損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、行動経済学を応用した標的型メール訓練サービスの提供を開始

損保

エイチ・エス損保、保険比較サイト「ほけんのポルト」商品を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和元年度 地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として三年連続で大臣表彰を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、日本初、HDI七つ星認定を取得

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴うお客さまへの追加対応についてを発表

損保

共栄火災、新型コロナウイルス感染症に関する商品を改定