シンニチ保険WEB

損保協会、令和元年台風15号による災害に伴う損害保険の補償内容等についてよくある質問を公表

損保協会では、自然災害を補償する各種損害保険(火災保険、自動車保険の車両保険および傷害保険など)の補償内容・範囲、保険金請求手続き等について、よくある質問を取りまとめ公表した。
※あくまでも一般的な回答を示したもの。
■補償内容・範囲
【自動車保険】
Q.台風や豪雨による車の損害は自動車保険で補償されますか?
任意の自動車保険では、「車両保険」を付けていると、台風や洪水などの風水災等によって自動車が損害を被った場合に保険金が支払われます。
※契約タイプによっては補償内容が異なりますので、保険金請求にあたっては、現在のご契約内容をご確認するとともにご自身が加入されている保険会社にご照会ください。
【火災保険】
Q.台風や豪雨による損害は火災保険で補償されますか?
ご契約の火災保険の補償内容によって異なります。
例えば、台風によって屋根が飛ばされた場合などは一般的な火災保険で補償されますが、洪水や土砂崩れによって生じた損害については、ご契約の火災保険に水災補償がセットされている場合に補償されます。
●建物が保険の対象で水災補償がセットされている場合
台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家屋が流されるなどの損害が生じた場合や、居住部分が床上浸水したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。
(例) 近くの川が氾濫し、床上浸水して、壁の張り替えが必要となった。
●家財が保険の対象の場合で水災補償がセットされている場合
台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家財が流されるなどの損害が生じた場合や、保険の対象である家財を収容する建物の居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。
(例) 豪雨等で山が土砂崩れを起こし、家と家財を押し流してしまった(※)
(※)建物と家財、両方が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
※契約タイプによっては補償内容が異なりますので、保険金請求にあたっては、現在のご契約内容をご確認するとともにご自身が加入されている保険会社にご照会ください。
【傷害保険】
Q.台風や豪雨によってケガをした場合、保険で補償されますか?
台風や豪雨等によってケガをした場合、保険で補償され、保険金が支払われます。
※契約タイプによっては補償内容が異なりますので、保険金請求にあたっては、現在のご契約内容をご確認するとともにご自身が加入されている保険会社にご照会ください。
保険金請求手続き
【共通】
Q.保険金請求(契約内容の確認)をしたいとき、どこに問い合わせればいいですか?
お近くの取扱代理店または各保険会社の相談窓口までお問い合わせください。
【火災保険】
Q.洪水によって部屋の中が水浸しになったのですが、片付けや修理を行ってもいいですか?
はい、防犯・安全上の問題などから、片付けや修理が必要な場合は行ってください。その際、可能なかぎり損傷箇所の写真を撮影いただき、後日お伺いする保険会社の担当者へお渡しください。
Q.洪水による被害状況を撮影する場合、どのように撮影したらよいですか?
被害状況が確認できるように、以下の(1)および(2)の写真を提出してください。
(1)被害を受けた建物や家財の全体を撮影した写真(建物の場合は建物の全景写真)
(2)浸水の高さや損傷箇所等が確認できる写真

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売

損保

損保協会、高齢者からのトラブル相談が急増、「2019年度版住宅修理サービストラブル注意喚起チラシ」を作成

損保

アニコム損保、日本初「シニア専用」ペット保険を発売

損保協会・団体

損保各社、令和元年台風第15号に伴う特別措置(自賠責保険)を実施

損保協会・団体

損保協会、ぼうさい探検隊マップコンクールの作品を募集

生保

メディケア生命、医療終身保険「メディフィットA」等の給付金額の取扱範囲を拡大

損保

損保協会、訪日・在留外国人向け安心・安全支援Webサイトを開設

協会・団体

損保協会、2019年度教員の民間企業研修を開催

協会・団体

損保協会、IAISのICP・コムフレーム市中協議に意見提出

協会・団体

損保協会、ぼうさいこくたい2019でパネルディスカッションを開催