シンニチ保険WEB

損保各社、令和元年台風第15号に伴う特別措置(自賠責保険)を実施

損保協会の会員会社では、道路運送車両法第61条の2の規定に基づき自動車検査証の有効期間が伸長された地域に使用の本拠を有する自動車等について、次のとおり自賠責保険の継続契約の締結手続きおよび継続契約の保険料の払い込みを猶予する特別措置を実施することとした。
<自賠責保険>
1.継続契約の締結手続き猶予
継続契約の締結手続きについて、2019年9月17日まで、猶予できるものとする。
2.保険料の払い込み猶予
保険料の払い込みについて、最長2か月後の末日(2019年11月末日)まで、猶予できるものとする。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、啓発動画「サイバーリスクと保険による備え」を公開

協会・団体

損保協会、福岡のラジオで高齢者事故防止を訴え

協会・団体

損保協会、長崎県で地震保険セミナーを開催

協会・団体

損保協会、金杉協会長が被災地訪問

損保協会・団体

損保協会、「ぼうさいこくたい2019」への参画~南海トラフ地震に関するパネルディスカッション等を実施し、「地震保険」の重要性を啓発~

損保協会・団体

損保協会、IAIS保険分野におけるビッグデータ分析の使用に係る文書案に意見提出

協会・団体

損保協会、ISJ(日本国際保険学校)一般コースを開講

協会・団体

損保協会、令和元年台風19号による災害に伴う特別措置を追加

損保

損保協会、令和元年台風19号による災害に関する対応について発表~対策本部を設置、各種損害保険については最長6か月の特別措置を実施~

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(岩手県・宮城県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県)を公表