シンニチ保険WEB

共栄火災、保険商品パンフレットのデザインをリニューアル

共栄火災は、2019年10月より順次、個人向け保険商品のパンフレットについてデザインをリニューアルする。
自動車保険、火災保険、傷害保険など個人向け保険商品のパンフレットは、これまで、それぞれ異なるデザインとしていたが、複雑な保険商品を適切に、分かりやすく説明し、お客様が保険の内容を十分に理解したうえで契約するよう、デザインを刷新するとともに補償内容等を説明するページのレイアウトを変更することとした。
●リニューアルのポイント
■「共存同栄」をデザインで表現
同社の経営理念としている「共存同栄」の精神を「つながるリング」のモチーフにたとえて表現し、パンフレットを見るお客様に対して、同社のパンフレットだと分かってもらえるデザインとする。
■保険商品の種類によって色分け
「くるまの保険」は青、「すまいの保険」はオレンジ、「けがの保険」は緑と、保険商品の種類別に色分けを統一する。また、「くるまの保険」「すまいの保険」「けがの保険」の文字を大きく表示し、一目で保険の種類が分かるようにする。
■より見やすく、より分かりやすく
パンフレット全体をユニバーサルデザインに配慮したデザインとするほか、保険商品の説明にあたって、お客様が補償内容を理解しやすいレイアウトに変更する。
また、お客様が事前に保険約款を見ることができるよう、保険約款WEBサイトのQRコードを追加している。
同社は、今後もお客様の意見を踏まえて、分かりやく、理解しやすいパンフレット、資料等の提供に努めていく。
リニューアルデザイン詳細:https://www.kyoeikasai.co.jp/about/news/NR20190904.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

生保

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

損保

共栄火災、「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みで寄付金を日本ユニセフ協会へ寄付

生保

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」の提供を開始

生保

明治安田生命、健康診断結果の改善を支援する新たな「みんなの健活サービス」の提供を開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、夜間、土日・祝日も、「動画視聴」で保険金支払い請求手続きの完結を可能に

関連商品