シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「スマホ決済事業者総合補償プラン」の販売を開始

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保は、スマホ決済を取り巻くリスクを包括的に補償する「スマホ決済事業者総合補償プラン」を開発し、9月から販売を開始する。
本プランに加入することで、ユーザー※1が第三者にスマホ決済を不正利用された場合に、事業者※2が定める利用規約にもとづいて被害額の補償が可能になる。また、既に利用規約でユーザーへ被害額の補償を規定している場合は、その補償に係るコストを保険で支払う。
本プランにより、スマホ決済のユーザー保護水準が、大手クレジットカード会社の利用規約で定める水準に引き上げられるため、ユーザーは安心してスマホ決済を利用できるようになる。
同社グループは、今後もCSV取組(Creating Shared Value)※3を通じて、お客さまのニーズに応える社会価値創造型の商品・サービスを積極的に開発していく。
※1:スマホ決済を利用するユーザーをいう。
※2:スマホ決済サービスを提供する事業者をいう。
※3:企業活動を通じて、社会との共通価値を創造することをいう。
1.「スマホ決済事業者総合補償プラン」の特長
(1)事業者およびユーザーのリスクを包括的に補償
スマホ決済の不正利用リスク、事業者のサイバーリスクを包括的に補償する。
(2)ニーズに応じた個別設計が可能
スマホ決済の仕組み、補償する条件、保険金額等に応じて、個別の商品設計が可能である。
(3)スマホ決済の利用規約の作成
本プランの補償内容に応じた利用規約の作成を支援する。
2.補償内容
■リスク
不正利用
サイバーリスク(情報漏えいリスク)
■補償対象
不正利用:ユーザー
サイバーリスク:事業者
■想定する事故例
ユーザー
・スマホを紛失し、チャージ残高が不正に利用された。
・スマホ決済に登録しているクレジットカードが不正に利用され、身に覚えのない請求を受けた。
事業者
・事業者がサイバー攻撃を受け、保有するユーザーの情報が漏えいし、ユーザーに対する賠償責任を負った。また、漏えいの原因調査費用を支出した。
3.開発の背景
2018年4月に経済産業省から公表された「キャッシュレス・ビジョン」では、2015年に18%台だったキャッシュレス決済比率を、2025年までに40%に引き上げ、将来的には世界最高水準の80%を目指すことが提示された。
また、本年10月より、東京オリンピック・パラリンピック開催前までの9ヵ月間に、消費者が中小・小規模の小売店・サービス業者・飲食店等でキャッシュレス決済を行った場合に、一定割合のポイントを消費者に還元する「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まる。
こうした環境変化を受け、スマホ決済事業の新規参入が相次ぐなど、スマホ決済を利用したキャッシュレス化が急速に普及している。
そこで三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、安心・安全なキャッシュレス決済の普及を支援すべく「スマホ決済事業者総合補償プラン」を開発した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、沖縄県内企業向け「会社役員賠償責任保険(D&O保険)」を販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、新型コロナ感染防止を踏まえた新たな自然災害対応態勢

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然災害発生時に事故の連絡から支払いまでWEB上で完結できるサービスを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転車の安全性を保険料に反映するテレマティクス自動車保険を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、川内優輝選手の合宿始動およびマラソンキャラバン再開

生保

楽天生命、「楽天生命スーパー終身保険」を発売開始

生保

東京海上日動あんしん生命、引受基準緩和型医療保険「メディカルKitエール」発売

損保

レスキュー損保、「ワイヤレスゲートWi-Fi+スマホ保険付き」プランを日本全国のヨドバシカメラにて販売開始

損保

三井住友海上、マンション管理業協会と連携協定を締結

損保

三井住友海上、IT協会主催「2020年度(第21期)カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞(IT活用賞)」を受賞