シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、AI-OCRによる自動車保険見積もりサービスを開発

三井ダイレクト損保は、自動車保険の見積もりに必要な情報を保険証券の画像から自動入力する、AI-OCRを活用したインシュアテックサービスを共同開発することに、株式会社エヌ・ティ・ティ・イフ(杉原弘茂代表取締役社長、以下「NTTイフ」)、株式会社アイリックコーポレーション(勝本竜二代表取締役、以下「アイリック」)と合意した。すでに開発に着手しており、2019年10月のサービス開始を予定している。
なお、お客さまがスマートフォンで撮影した保険証券の画像を活用して見積もりを算出するサービスについて、国内すべての損害保険会社の保険証券に対応しているのは本サービスが業界初となる(※)。
※2019年8月現在、同社調べ。ディープラーニングによる非定型OCRのため、国内のあらゆる保険会社の保険証券で見積が可能。
○見積もりサービスについて
自動車保険の見積もりには30項目以上の情報入力が必要となるため、途中で諦めてしまうお客さまもいたが、本サービスにより手元の保険証券をスマートフォン等で撮影してアップロードするだけで、必要な情報が自動入力され、簡単・迅速に見積もりを作成できるようになる。本サービスについては、インターネットに強みを持つ保険会社である三井ダイレクト損保と、ICT×保険代理店を20年間にわたり追求してきたNTTイフ、そしてディープラーニングによる非定型OCRの技術を持つアイリックのノウハウが融合して実現したもの。
今後も、最先端のインシュアテックサービスの活用を通じて、お客さまから選ばれ、喜ばれ、信頼される会社を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

生保

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

生保

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」の提供を開始

生保

明治安田生命、健康診断結果の改善を支援する新たな「みんなの健活サービス」の提供を開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

損保

三井ダイレクト損保、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況を公表

損保

あいおいニッセイ同和損保、夜間、土日・祝日も、「動画視聴」で保険金支払い請求手続きの完結を可能に

関連商品