シンニチ保険WEB

au損保、ペットの健康に関する調査

au損保は、全国の犬・猫の飼い主1,000人(犬の飼い主500人、猫の飼い主500人)を対象に、ペットの健康に関する意識調査を行った。
「健康第一」は人間のみならずペットも同じ。家族の一員であるペットの健康は、飼い主にとっても大きな関心事である。そこで、ペット医療費用保険を取り扱うau損保が、気になること、気をつけていることを聞いた。
●ペットの健康やしつけの悩み「抜け毛の掃除が大変」
健康やしつけについての悩みは、トップは犬・猫ともに「抜け毛の掃除が大変」(犬26.4%、猫38.0%)だった。以下、犬は「医療費がかさむ」25.4%、「鳴いたり吠えたりする」22.8%。猫は「家具がボロボロになる」21.2%、「医療費がかさむ」17.2%の順だった。一方、特に悩みはないという回答も犬・猫ともに30%を超えた(複数回答可、以下同)。
●今後の心配は「病気」「高齢ペットのケア」「医療費の増加」
ペットとの生活で今後心配なことを尋ねたところ、「ペットが病気にならないか」との回答がトップ(犬65.0%、猫63.6%)。続いて「ペットが高齢になったときにケアができるか」(犬47.4%、猫43.6%)「医療費が増えること」(犬36.0%、猫31.6%)の順だった。
●ストレス対策、犬は「定期的な散歩」、猫は「トイレのこまめな掃除」
ペットのストレス対策は、犬の飼い主は「定期的な散歩」が最も多く71.8%。以下「適度な食事」57.0%、「一緒に遊ぶ時間を作る」52.4%だった。一方猫の飼い主は「トイレをこまめに掃除する」が59.4%、「一緒に遊ぶ時間を作る」51.4%、「適度な食事」50.0%、「爪とぎを用意しておく」47.0%の順だった。
●部屋の温度設定、特に気にしていない飼い主が多数
この暑い時期、ペットのいる部屋の室温を何度にしているか尋ねたところ、犬は25℃(17.9%)、猫は28℃(15.2%)との回答が多く集まった。特に気にしていないと答えた飼い主も犬で23.2%、猫で37.0%だった。
今後もau損保は、ペットの保険をはじめ、ペットオーナーに密着した新しい保険やサービス、モバイル損保らしいコンテンツの提供等を通じて、大切な家族が安心して暮らせるように応援する。
【調査概要】※au損保調べ
調査方法:インターネットによるアンケート調査
対象者:犬・猫の飼い主1,000人(犬:500人、猫:500人)
対象地域:日本全国
実施時期:2019年6月21日~2019年6月24日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者夫婦と子どもの「父の日」意識調査を実施

生保

PGF生命、「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施

生保

ライフネット生命、契約者の評価をウェブサイトで公開

生保

SOMPOひまわり生命、5/31は「世界禁煙デー」喫煙する同居家族への感情を調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2022年4月度調査レポートの公表

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の息子・娘を対象にした事業承継に関する調査

損保

共栄火災、自転車ユーザーにみる「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施

関連商品