シンニチ保険WEB

日新火災、ケガの治療に特化した傷害保険「キズいえ~る」を発売

日新火災は、2019年10月(*1)に「ケガの治療に特化」「シンプルでわかりやすい」をコンセプトとした傷害保険「キズいえ~る(*2)」を発売する。
従来の同社傷害保険では、ケガによる死亡補償が必ずセットされており、また、後遺障害保険金・入院保険金については、症状の詳細や入院日数の確定を待ってお客さまに支払っていた。
一方で、お客さまからは「傷害保険において死亡補償は不要」「入院したときにはすぐにまとまった保険金を受け取りたい」などのニーズも寄せられていたことから、今般、「死亡補償なし」「一時金によるスピーディーな保険金のお支払い」を可能とした新商品「キズいえ~る」を発売する。
<「キズいえ~る」の特長>
○死亡補償なし!ケガを治すことに特化したシンプルな補償
生命保険や医療保険に加入済みのお客さまや、子どもの日常的なケガの補償だけを希望されるお客さまなど、死亡補償を希望されないお客さまにおすすめの補償である。
○入院・治療の負担を一時金でスピーディーに解決
一時金特約(*3)をセットしたプランへの加入で、同社があらかじめ特定したケガの部位と症状に応じて特定傷害一時金(100万円または10万円)、ケガによる入院には入院一時金(10万円)、ケガの治療のための所定の手術には手術一時金(5万円)を支払う。
○自転車保険への加入義務化に対応!
個人賠償責任危険補償特約(支払限度額2億円)をセットしたプランへの加入で、各自治体の自転車保険への加入義務に対応できる。また、被害事故に遭った場合の弁護士費用や法律相談費用も補償する。
○プラン設定もシンプル!
加入は、3つのプランから選択できる。
(*1)保険期間の開始日は2019年10月1日以降となる。
(*2)正式名称は「日常生活傷害補償保険」である。
(*3)特定傷害一時金、入院一時金、手術一時金をセットで補償。
〔キズいえ~る商品詳細〕
●パンフレット(https://www.nisshinfire.co.jp/service/pdf/kizu1910.pdf)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日新火災、自由設計型火災保険『住自在Web』のインターネット販売に伴う、ヤマトシステム開発の「証明書類Web取得サービス」を導入

生保

ネオファースト生命、株式会社第三銀行にて「ネオdeいりょう」「ネオdeいちじきん」2商品を販売開始

生保

SOMPOひまわり生命、『禁煙革命~健康経営は禁煙から~』に参加

生保

太陽生命、インターネット完結型保険「スマ保険」開始

損保

エイチ・エス損保、ネット海外旅行保険「たびとも」をリニューアル

生保

明治安田生命、「外貨建一時払終身保険」を発売

損保

損保ジャパン日本興亜、物理的損害を伴わない電車等の運休・遅延による損害賠償責任を補償に追加

損保

損保ジャパン日本興亜、『軽度認知障害(MCI)等一時金支払特約』発売

生保

PGF生命、提携金融機関3行で2商品を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みずほ銀行を通じ、『利率連動プラン』を販売開始