シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、三井住友海上、インド・マックス生命とMFS社における株式の交換および一部を売却

三井住友海上は、8月6日にインドの持分法適用会社であるMaxLifeInsuranceCompanyLimited(以下「マックス生命」)に対して保有する株式25.22%のうち19.98%をマックス生命の親会社であるMaxFinancialServicesLimited(以下「MFS社」)の新株21.43%と交換し、残りの5.24%をMFS社に売却することに、MFS社との間で基本合意した。なお、本取引は、関連当局等の必要な認可取得後に実施する。
同社は、MFS社を持分法適用会社にするとともに、同社へ取締役を派遣し、引き続き、マックス生命の経営に関与していく。
三井住友海上は、今後もアジア地域の事業基盤を強化し、海外事業の持続的な発展を目指す。
1.背景と目的
同社は、2012年6月、インド生命保険市場の拡大を目的としてマックス生命に出資し、同社は順調に業績を拡大してきた。一方、マックス生命は非上場会社であるため、同社の持株会社で上場企業であるMFS社への出資に切り替えることとしたものである。同社は、マックス生命とともにMFS社の取締役会、委員会への出席を通じて両社の事業拡大を図るとともに、インドにおける保険の普及と経済発展に寄与していく。
2.マックス生命およびMFS社の概要
【マックス生命の概要】
設 立     2000年本社所在地インド共和国・グルグラム
代表者     PrashantTripathy
主な事業内容  生命保険事業
直近業績(2019年3月期)
・総資産    6,359億ルピー(約9,984億円)
・純資産    276億ルピー(約433億円)
・グロス保険料 1,458億ルピー(約2,289億円)
・当期純利益  56億ルピー(約88億円)
※1ルピー=1.57円による換算値
【MFS社の概要】
設 立     1982年本社所在地インド共和国・ニューデリー
代表者     MohitTalwar
主な事業内容  マックス生命を傘下に収める保険持株会社
直近業績(2019年3月期)
・総資産    6,721億ルピー(約10,552億円)
・純資産    283億ルピー(約444億円)
・総収入    1,950億ルピー(約3,061億円)
・当期純利益  42億ルピー(約66億円)
※1ルピー=1.57円による換算値

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、公立大学法人向け「団体役員賠償責任保険」制度を創設

損保

MS&ADホールディングス、「2030年に向けた社会変革と企業経営」シンポジウムを開催

損保

MS&ADホールディングス、気候変動に関するCDP調査において3年連続で最高評価となる「Aリスト」企業に選定

生保

楽天生命、本社を移転

生保

第一生命、少額短期保険準備会社を設立

損保

三井住友海上とヤフー、「ヤフオク!」での商品購入時にワンストップで加入できる「ヤフオク!修理保険」の提供を開始

生保

ソニー生命、東日本旅客鉄道株式会社が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

損保

三井住友海上、シンガポールにおけるオンライン専業銀行コンソーシアムへ参画

生保

朝日生命、独立行政法人住宅金融支援機構が発行する「グリーンボンド」へ投資