シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、三井住友海上、インド・マックス生命とMFS社における株式の交換および一部を売却

三井住友海上は、8月6日にインドの持分法適用会社であるMaxLifeInsuranceCompanyLimited(以下「マックス生命」)に対して保有する株式25.22%のうち19.98%をマックス生命の親会社であるMaxFinancialServicesLimited(以下「MFS社」)の新株21.43%と交換し、残りの5.24%をMFS社に売却することに、MFS社との間で基本合意した。なお、本取引は、関連当局等の必要な認可取得後に実施する。
同社は、MFS社を持分法適用会社にするとともに、同社へ取締役を派遣し、引き続き、マックス生命の経営に関与していく。
三井住友海上は、今後もアジア地域の事業基盤を強化し、海外事業の持続的な発展を目指す。
1.背景と目的
同社は、2012年6月、インド生命保険市場の拡大を目的としてマックス生命に出資し、同社は順調に業績を拡大してきた。一方、マックス生命は非上場会社であるため、同社の持株会社で上場企業であるMFS社への出資に切り替えることとしたものである。同社は、マックス生命とともにMFS社の取締役会、委員会への出席を通じて両社の事業拡大を図るとともに、インドにおける保険の普及と経済発展に寄与していく。
2.マックス生命およびMFS社の概要
【マックス生命の概要】
設 立     2000年本社所在地インド共和国・グルグラム
代表者     PrashantTripathy
主な事業内容  生命保険事業
直近業績(2019年3月期)
・総資産    6,359億ルピー(約9,984億円)
・純資産    276億ルピー(約433億円)
・グロス保険料 1,458億ルピー(約2,289億円)
・当期純利益  56億ルピー(約88億円)
※1ルピー=1.57円による換算値
【MFS社の概要】
設 立     1982年本社所在地インド共和国・ニューデリー
代表者     MohitTalwar
主な事業内容  マックス生命を傘下に収める保険持株会社
直近業績(2019年3月期)
・総資産    6,721億ルピー(約10,552億円)
・純資産    283億ルピー(約444億円)
・総収入    1,950億ルピー(約3,061億円)
・当期純利益  42億ルピー(約66億円)
※1ルピー=1.57円による換算値

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、四半期報告書「第12期第1四半期」および、2020年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕を発表

生保

富国生命、基金の追加募集を開始

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

日本生命、2019年度基金募集を完了

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上火災、ミャンマー大手民間損害保険会社IKBZInsurance社へ出資

損保

MS&ADホールディングス、あいおいニッセイ同和損保、あいおいニッセイ同和損保による国内劣後特約付無担保社債を発行

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

SOMPOホールディングス、ミャンマーにおける合弁会社設立仮認可を取得