シンニチ保険WEB

共栄火災、「お客様本位の業務運営方針」に基づく取組状況を公表

共栄火災は、2017年9月に公表した「お客様本位の業務運営方針」に基づく2018年度の取組状況を発表した。同社は、「共存同栄の精神のもと、社員一人ひとりが自らを律し、常にお客様の視点に立って行動し、信頼と期待にお応えすること」を経営理念に掲げ、業務運営を行っている。
また、同社が実施したお客様に対するアンケートでは、「ご契約時の総合満足度」において72.4%のお客様から「満足」「やや満足」との評価で、「事故対応サービス全般の総合満足度」において95.2%のお客様から「満足」「やや満足」の評価を得ている。
今後も常にお客様の視点に立って行動し、信頼と期待に応えるとともに、同社の特色を活かした商品・サービスを提供することで、お客様に選ばれる優良損害保険会社となるため、「お客様本位の業務運営方針」に基づき、お客様本位の業務運営に努めていく。
【別紙】
○お客様本位の業務運営方針に基づく取組状況について
https://www.kyoeikasai.co.jp/about/news/NR20190731.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、「トモショク宣言」を実施

損保

三井住友海上、AIを活用した新たな代理店システム「MS1 Brain」を開発

生保

大樹生命、国連責任投資原則(PRI)に署名

協会・団体

損保協会、NAICQJ・RJ評価プロセス案の意見を提出

損保

共栄火災、『題39回信用金庫PRコンクール』作品応募の受付を開始

生保

住友生命、2018年度スチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告

損保

共栄火災、保険商品パンフレットのデザインをリニューアル

協会・団体

損保協会、IAISのICP・コムフレーム市中協議に意見提出

生保

アフラック生命、「消費者志向自主宣言」を発表

損保

共栄火災、「しんきんの傷害保険」で弁護士費用補償プランを発売