シンニチ保険WEB

東京海上日動、NTT Comが中堅中小企業向けに販売する「セキュリティサポートデスク」サービスにサイバーリスク保険を提供

東京海上日動では、NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)が中堅中小企業向けに7月29日から販売する「セキュリティサポートデスク」サービス(以下本サービス)にサイバーリスク保険を提供する。
本サービスは、対象となるNTT Comのセキュリティサービス(エンドポイントセキュリティやvUTMなど)を利用しているお客さま向けに、セキュリティの専門家がサポートするヘルプデスク機能と、サイバー攻撃に対応する保険などをパッケージにしたサービス。最先端のAI技術も活用し、平常時からインシデント発生時、事後対応に至るまで、トータルでセキュリティ対策をサポートする。
なお、本サービスはNTT Comと東京海上日動が4月に締結したサイバーセキュリティ事業における提携に基づいた、第一弾のサービス。
●背景
近年、企業が保有するデータを狙ったマルウェアや標的型攻撃などのサイバー攻撃は、巧妙かつ高度化している。また、大企業だけではなく、サプライチェーンを構成する企業も標的とされており、企業規模に関わらずセキュリティ対策が必須となっている。
経済産業省が策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」には「自組織での対応が困難な項目については、外部委託によって実施することも検討」と示されており、社内にCSIRTのようなセキュリティ専門チームや担当者が不在の企業では、社外のリソースも活用して対策することが必要となる。
NTT Comは、このような状況を踏まえ、セキュリティ関連の対応を手軽にアウトソースできる新たなサービスとして、「セキュリティサポートデスク」を提供する。
●概要
本サービスでは、平常時におけるセキュリティ関連の相談受け付け、およびインシデント発生時における対処方法の支援などを、年中無休で、セキュリティの専門家が実施する。さらに、万一のインシデントが発生した場合に補償を受けることができるサイバーリスク保険をセットで提供する。
また、AIを活用した分析の自動化などにより、月額8万円からの低廉な価格で利用できる。
さらに、オプションで、セキュリティ設定代行やログの相関分析・月次レポートを提供することも可能。
●特長
(1)万一に備えたサイバーリスク保険をセットにした画期的なパッケージ
東京海上日動のサイバーリスク保険をパッケージで提供。サイバー攻撃による不正アクセスなどの恐れがある場合、サイバー攻撃を受けているどうかの実態調査や攻撃履歴ログ解析(フォレンジック)により必要となる費用に加え、弁護士やコンサル会社に相談する際の費用を最大で1,000万円補償する。
また、サイバー攻撃を受けて万一情報漏えい事故が起こってしまった場合には、損害賠償金を最大で2,000万円補償する。
(2)AIを活用した高精度な脅威検出
(3)セキュリティ専門家がサポートするヘルプデスクやオンラインコミュニティを利用可能
●各社の役割
NTT Com:本サービスの提供、販売
東京海上日動:サイバーリスク保険の提供
●提供開始日
2019年7月29日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、無配当総合福祉団体定期保険「健康経営割引制度の導入」

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染症に関する取り扱いについて公表

損保

SOMPOホールディングス、「こどもスマホ保険」を提供を開始

損保

三井住友海上、公立はこだて未来大学発AIスタートアップ「未来シェア」によるスマートモビリティの取組をサポート

損保

アニコム ホールディングス、国際ビジネス学院と産学共同で取組みを開始

生保

アフラック生命、<生きるためのがん保険 Days1 ALL-in>を発売

損保

東京海上日動、人事異動を発表

損保

東京海上日動、AI技術を活用した自動車事故の修理見積書点検の取組みのトライアルを開始

生保

ライフネット生命、保険募集代理店としてP2P保険「わりかん がん保険」の販売を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保サイバーセキュリティ保険を自動付帯した「アイコンサービス」の提供開始