シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、NTTコム オンライン「NPS((R))ベンチマーク調査 2019 ダイレクト型自動車保険部門」において第1位を受賞

セゾン自動車火災は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(代表取締役社長 塚本良江)が実施した「NPS((R))ベンチマーク調査 2019 ダイレクト型自動車保険部門」において、3年連続で第1位の評価をえた。
●NTTコム オンライン NPSベンチマーク調査 2019【代理店型自動車保険・ダイレクト型自動車保険】調査結果の詳細
https://www.nttcoms.com/service/nps/report/carinsurance/
セゾン自動車火災では、「お客さま本位の業務運営方針」を定め、「お客さま一人ひとりに納得感を持って選んでいただける保険会社」を目指している。今後とも高品質な商品やサービスの提供に努めていく。
「お客さま本位の業務運営方針」および前年度の主な取組み状況については、ウェブサイトで公表している。
<参考>
1.調査結果
NPS(ネット・プロモーター・スコア)でダイレクト型自動車保険7社中、第1位となった。7社のNPS平均値と比較し、+6.5 ポイントの差となった。
※調査対象は、アクサダイレクト、イーデザイン損保、SBI損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、チューリッヒ保険、三井ダイレクト損保の7社である(50 音順)。
2.高く評価されたポイント
「コストパフォーマンス」への高評価に加え、「ウェブサイトの分かりやすさ」「最適なプランの探しやすさ」といったユーザビリティ面および「コールセンターの応対のよさ」
「アフターフォローの手厚さ」といったサービス面で、ダイレクト型自動車保険でトップの評価をえた。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「コンタクトセンター・アワード2019」において「リーダー・オブ・ザ・イヤー賞」を2年連続受賞

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI※)2019年アセスメント結果で2年連続で全分野グローバル平均以上の評価を獲得

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「コンタクトセンター・アワード2019」で審査員特別賞を受賞

損保

三井住友海上女子柔道部・新井千鶴選手と玉置桃選手が「2019世界柔道選手権東京大会」日本代表として出場、男女混合団体戦で金メダル獲得

生保

日本生命、2019年国連責任投資原則(PRI)年次評価で最高評価「A+」を4分野で獲得

損保

イーデザイン損保、専門家が選んだ自動車保険ランキングで6年連続第1位

生保

アクサ生命、消費者庁所管の「内部通報制度認証」(自己適合宣言登録制度)に登録

損保

日新火災、テレフォンサービスセンターが「問合せ窓口格付け」で三つ星を獲得

生保

第一生命、2019年度(第6回)サービス・ホスピタリティ・アワード「優秀賞」を受賞

生保

三井住友海上あいおい生命、消費者庁創設「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」に登録