シンニチ保険WEB

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保が「保険料スマホ決済サービス」を開始

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保は、お客さまのスマートフォン(以下、スマホ)から保険料を支払う「保険料スマホ決済サービス」(以下、本サービス)を共同開発した。7月から順次、本サービスの提供を開始する。
お客さまは、両社の提示するQRコードに自身のスマホをかざすだけで、希望の決済サービスを選択でき、キャッシュレスでの保険料支払いが可能となるす。これにより、お客さまの利便性が飛躍的に向上する。
○開発の背景
近年、わが国では、現金を使わないキャッシュレス化に向けた動きが急速に進みつつある。その中でも、スマホを活用した決済が急速に普及・拡大している。
政府が主導するキャッシュレス推進施策の展開や、さまざまな決済サービスの開発・競争等により、お客さまの支払方法のニーズも多様化している。
こうした社会環境の変化を踏まえ、同社グループは、キャッシュレス社会の進展を後押しすべく、多様化するお客さまのニーズに柔軟かつスピーディーに対応できる態勢を整備することとした。
○本サービスの概要
お客さまは、自身のスマホで両社が提示(代理店端末や書面上に表示)するQRコードを読み取り、決済専用サイトに接続する。ラインナップの中から希望の決済サービスを選択し、保険料を支払う。
また、本決済専用サイトは、収納代行会社の決済サービス基盤を活用するため、今後の決済市場の変化にも柔軟に対応することが可能。
なお、サービス開始時点における決済サービスのラインナップは、以下のとおり。
■ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Apple Pay、LINE Pay、Yahoo!ウォレット、楽天ペイ、PayPal、Alipay国際決済、銀聯ネット決済
※決済サービスのラインナップは、決済市場の動向等を踏まえ、随時追加・変更していく予定

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、2019年度 寄付による大学等でのオープン講座

生保

アフラック生命、保険料の支払いサービスに「LINE Pay」を導入

生保

アクサ生命、『社長さん白書2019』を発表

損保

SBI損保、「カシャッとスピード見積り」を2019年11月より提供開始

生保

SBI生命、「ご提案募集」の受賞者を発表

損保

日新火災、自由設計型火災保険『住自在Web』のインターネット販売に伴う、ヤマトシステム開発の「証明書類Web取得サービス」を導入

協会・団体

損保協会、令和元年台風19号による災害に伴う特別措置を追加

生保

メットライフ生命、契約者向け、健康に関する商品付帯サービスを大幅拡充

損保

三井住友海上、フラット35の事業譲渡を完了

損保

あいおいニッセイ同和損保、LeapMind社と資本業務提携