シンニチ保険WEB

三井住友海上、遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を導入

三井住友海上は、7月から、株式会社Kids Publicが運営する、遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を導入した。
本サービスは、妊娠中から産後2年までの女性社員および男性社員の配偶者を対象に、スマートフォン無料通信アプリ「LINE」や電話を活用して、自宅で産婦人科医または助産師に相談できるサービス。
三井住友海上は、多様な社員全員が成長し、活躍する会社を実現すべく、ダイバーシティ&インクルージョンを推進していく。
※本サービスは、医療行為ではないため、診断や処方は行わない。
○「産婦人科オンライン」の概要
Kids Publicに所属する産婦人科医または助産師に、平日18時~22時に体調に関する質問や悩みを、気軽に相談できるサービス。これにより、「通院するほどではないけれど、気になる体調の変化がある」、「復職に向けて授乳はどのようにしていけばいいの」といった不安や悩みの解決につながる。なお、本サービスは、海外駐在員の相談など、海外からも利用可能。
○サービス開始の背景
同社は、従来から、多様な働き方の実現に向けて、社員一人ひとりの事情に配慮した職場環境の整備を進めてきた。女性の健康づくりに対する支援として、本サービスを導入し、社員および家族が健康でいきいきと安心して働きながら、より一層活躍できる体制を整備することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」

生保

第一生命、2型糖尿病のお客さま向け「生活習慣改善個別サポート」の検証開始

生保

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売

損保

アイペット損保、LINE公式アカウント通知メッセージ開始

損保

損保協会、訪日・在留外国人向け安心・安全支援Webサイトを開設

損保

三井住友海上女子柔道部・新井千鶴選手と玉置桃選手が「2019世界柔道選手権東京大会」日本代表として出場、男女混合団体戦で金メダル獲得

損保

共栄火災、保険商品パンフレットのデザインをリニューアル

SOMPOリスク、「汚染土地流動化コンサルティングサービス」を拡充

生保

アクサ生命、静岡県と包括連携協定を締結

損保

ソニー損保、事故対応サービスや保険金請求手続等の「手話・筆談サービス」提供を開始