シンニチ保険WEB

東京海上日動、障がいのある人向けのがん保険の販売を開始

東京海上日動とぜんち共済は、障がいのある人がより安心して暮らせる社会の実現を目指し、知的障がい・発達障がい等のある人およびそのご家族向けのがん保険を開発し、販売する。
1.背景
知的障がい等のある人に特化した専門保険会社であるぜんち共済および東京海上日動は、2018年1月より東京海上日動の個人賠償責任保険をセットした「ぜんちのあんしん保険」「ぜんちのこども傷害保険」を提供する等、知的障がい等のある人が安心して暮らせる社会の実現に向け、ともに取り組んできた。
こうした取組みを進めるなかで、「全国手をつなぐ育成会連合会」が会員に対して実施したアンケ―トにおいて、約7割の人から「知的障がい等があってもがん保険に加入したい」との要望が寄せられ、知的障がい等のある人のがん保険に対する加入ニーズは高いことが分かった。
また、同アンケートにおいて、知的障がい等のある人の家族ががんの重度状態となった場合に、成年後見制度の利用を望む声も寄せられた。
上記のニーズを踏まえ、東京海上日動とぜんち共済は知的障がい等のある人およびその家族向けのがん保険として「手をつなぐがん保険」を開発し、販売する。
2.「手をつなぐがん保険」の概要
(1)知的障がい等のある人向け
がん保険に加入する際には、がん以外も含む病気の治療状況等を申し出(告知)る必要があるが、本商品については知的障がい等の治療に関する告知を不要とすることで、加入しやすい商品となっている。
(2)家族向け
既存のがん保険の補償内容に加え、家族ががんの重度状態(StageⅣ)となった場合に、知的障がい等のある人を被後見人とした成年後見制度を利用するための費用を補償する「がん成年後見費用等補償特約」をセットし、家族のニーズにも対応した商品である。
3.販売方針
本商品は、2020年1月1日始期契約より、ぜんち共済を引受代理店、全国手をつなぐ育成会連合会を契約者として、同連合会の会員およびその家族向けに販売する。
東京海上日動とぜんち共済は、こうした商品の提供を通じて、誰もが安心して暮らせる社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日新火災、自由設計型火災保険『住自在』のインターネット販売を開始

生保

はなさく生命、特定疾病一時給付保険「はなさく一時金」を発売

生保

ニッセイ・ウェルス生命、宮崎銀行を通じ、『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、「介護認知症保障プラン」を新設してリニューアル

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、指定代理請求人の指定範囲拡大

生保

住友生命、Vitality健康プログラムにスタートダッシュ特典(リワード)新設

損保

SOMPOホールディングス、アジア太平洋地域の成長戦略、訪日旅行者向け海外旅行保険の新商品「Go JAPAN by TravelJoy」の発売およびデジタル/AIを活用した新たな取組みについて発表

生保

フコクしんらい生命、「認知症予防からのそなえ」軽度介護保障特約の販売開始

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」

生保

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売