シンニチ保険WEB

損保協会、「高齢者事故多発地点マップ」を初公開

損保協会は、北海道内で高齢者が関わる交通事故の割合が高いことを受け、事故防止に向けた啓発活動を実施する。具体的には、過去5年間で高齢者が関わる事故が多発した地点を整理したマップをWeb上で公開し、特に事故が多い地点(過去5年間で7件以上の事故が発生している11地点)については事故時状態(自動車運転中・歩行中・その他)等の情報もあわせて提供して当地の高齢者を中心に事故防止を呼びかける。
平成30年中の高齢者の交通事故に関する北海道警察の統計によると、過去5年間で高齢者の交通事故死者数は常に40%を超えており、昨年度は56%に達している。また同統計によると、高齢者の交通事故の特徴としては、買物時や散歩中など比較的自宅から近い位置で発生する割合が高いとのことである。
このような状況を踏まえ、自宅近くのどのあたりで高齢者交通事故が多く発生しているのかを確認してもらい、交通事故防止のためのツールの1つとして役立てることを目的として、過去5年間(2014年~2018年)の事故データを基に、北海道内の高齢者交通事故多発地点(当該5年間で高齢者が関わる事故が3回以上発生した地点)を示した「高齢者事故多発地点マップ」を今回初めて作成し、Web上で公開する。パソコンのほか、スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスでも閲覧できる。
◆高齢者事故多発地点マップ
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1gptIujYRBJIbaActFFs7tZoZ_mYF125J&ll=42.86048708587568%2C142.51549669999997&z=7

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

SBI生命、第6回「提案募集」の受賞者発表~大賞は「ペット信託付きの生命保険に関するアイデア」

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

関連商品