シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、認知症に関する研究の第一人者・カロリンスカ研究所 キビペルト教授とのアドバイザリー契約締結

SOMPOホールディングスは、「お客さまの安心・安全・健康に資するサービスを提供し、社会に貢献する」という経営理念の実現に向け、認知症に関する社会的課題に注目し、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」を目指す「SOMPO認知症サポートプログラム」を展開している。
このたび、その取組みの一環として、認知機能低下の予防に資する高齢者の生活習慣への介入研究分野における第一人者であるカロリンスカ研究所※1のミーア・キビペルト教授とアドバイザリー契約を締結した。
※1 カロリンスカ研究所は、ノーベル生理学・医学賞の選考委員会がある世界最大の医学系教育研究機関である。
ミーア・キビペルト教授は、世界的にも有名な認知症予防にめざましい効果を示した、フィンランドの高齢者の生活習慣への介入研究「FINGER 研究※2」を率いている。FINGER 研究は、複数の介入を組み合わせることが軽度の認知機能障害の進行の抑制に有効であることを世界で初めて証明した研究であり、現在、同教授のリードのもと、世界各国への展開が進んでいる。SOMPOホールディングスは、「SOMPO認知症サポートプログラム」にキビペルト教授の知見を活かすことで、認知症に関する社会的課題の解決につながる認知機能低下防止に資する取組みを加速できると考え、このたびアドバイザリー契約を締結した。
※2 2009年から2011年にかけて、フィンランドで行われた「高齢者の生活習慣への介入による認知機能障害予防の研究」である。1,260 名を対象に、食事指導・運動指導・認知トレーニング・生活スタイル指導の4つの介入を同時に行い、複数の介入を組み合わせることが、軽度の認知機能障害の進行の抑制に有効であることを、世界で初めて証明した。
◆主な取組み内容
(1)FINGER 研究やその他認知機能低下防止に資する研究に基づく商品・サービスの開発
(2)超高齢社会に向けた各種研究・プロジェクトへの参画
(3)上記を活かした各種商品・サービスの開発

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、セガ・ロジスティクスサービスと高齢者の運転寿命延伸を支援する「運転シミュレーター」を開発

損保

SOMPOホールディングス、駐車場シェアリング事業への新規参入

損保

損保ジャパン日本興亜、『軽度認知障害(MCI)等一時金支払特約』発売

生保

太陽生命、「ひまわり認知症予防保険」が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

生保

富国生命、認知症重点プラン「ずっとあんしんケアダブル」の取扱いを開始

損保

東京海上日動、エーザイと、認知症との共生と予防の実施にむけて業務提携

損保

SOMPOホールディングス、『本日の一部報道について』の文書を発表

生保損保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、インドスタートアップVYMOとAIとモバイルを活用し営業活動高度化に向けた実証実験を開始

損保

SOMPOホールディングス、アジア太平洋地域の成長戦略、訪日旅行者向け海外旅行保険の新商品「Go JAPAN by TravelJoy」の発売およびデジタル/AIを活用した新たな取組みについて発表

生保

フコクしんらい生命、「認知症予防からのそなえ」軽度介護保障特約の販売開始