シンニチ保険WEB

アイペット損保、保険金請求が多い傷病ランキングを発表

アイペット損保は毎年行っている契約者からの保険金請求実績に基づく「保険金請求が多い傷病*のランキング」を今年も発表した。
【調査結果】
・総合(通院・入院・手術)で最も保険金請求が多かったのは、犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」
・手術で最も保険金請求が多かったのは、犬は「腫瘍」、猫は「異物誤飲」
・年齢別では、犬猫ともに0歳齢で「下痢」、1~6歳齢で「皮膚炎」が最多
・7歳以上では、犬猫共通して「腫瘍」「心臓病」が上位にランクイン
*疾病(病気)と傷害(ケガ)を総称した呼称
詳細:https://www.ipet-ins.com/news/190513.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、『Data Science BOOTCAMP 第5期』7月から開講

生保

明治安田生命、「お客さまの声」白書を公表

生保

T&Dフィナンシャル生命、保険契約者向け医療サポートサービス「M3 Patient Support Program」の提供開始

生保

生命保険文化センター、「遺族保障ガイド」改訂

生保

太陽生命、次世代携帯端末「太陽生命コンシェルジュ」に搭載した告知音声認識機能について特許を取得

損保

損保ジャパン日本興亜、AI防災協議会へ参画

損保

エイチ・エス損保、ペルー ギラン・バレー症候群患者増加に伴う注意喚起

損保

アイペット損保、ペットの熱中症に関する調査を実施

生保

第一生命、国内保険業界初、複合的AI技術をクラウドに搭載したコンタクトセンターの応対品質を向上

損保

東京海上日動、ドローンとAIを活用した保険金支払いに関する取組を開始