シンニチ保険WEB

アイペット損保、保険金請求が多い傷病ランキングを発表

アイペット損保は毎年行っている契約者からの保険金請求実績に基づく「保険金請求が多い傷病*のランキング」を今年も発表した。
【調査結果】
・総合(通院・入院・手術)で最も保険金請求が多かったのは、犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」
・手術で最も保険金請求が多かったのは、犬は「腫瘍」、猫は「異物誤飲」
・年齢別では、犬猫ともに0歳齢で「下痢」、1~6歳齢で「皮膚炎」が最多
・7歳以上では、犬猫共通して「腫瘍」「心臓病」が上位にランクイン
*疾病(病気)と傷害(ケガ)を総称した呼称
詳細:https://www.ipet-ins.com/news/190513.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」

生保

第一生命、2型糖尿病のお客さま向け「生活習慣改善個別サポート」の検証開始

損保

アイペット損保、LINE公式アカウント通知メッセージ開始

損保

損保協会、訪日・在留外国人向け安心・安全支援Webサイトを開設

損保

共栄火災、保険商品パンフレットのデザインをリニューアル

SOMPOリスク、「汚染土地流動化コンサルティングサービス」を拡充

損保

ソニー損保、事故対応サービスや保険金請求手続等の「手話・筆談サービス」提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然災害発生時の保険金請求手続きの解説動画をリリース

生保

チューリッヒ生命、契約者向けにオンライン健康相談サービス「Doctors Me」を導入

損保

アイペット損保、「祝!保有契約件数45万件突破!ありがとうキャンペーン」実施中