新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、中小企業向け「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」の発売

東京海上日動は、事業活動を取り巻く様々なリスクを包括的に補償する企業向け商品「超ビジネス保険」において、2019 年 7 月より「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」を発売する。
1.開発の背景
近年、生産技術の高度化・複雑化や、消費者の権利意識の高まりに伴い、製造業をはじめとする中小企業を取り巻く損害賠償リスクは多様化しており、経営上重要な課題の一つとなっている。
また、東京海上日動リスクコンサルティング(株)が実施したアンケートによると、製造業者の約6割が特に重視しているリスクとして「製品・サービスの欠陥」を挙げており、納品した製品の仕様不適合(規格外品)や納期遅延による損害賠償リスクについては、社会的なニーズが高まっていると考えられる。
特に、中小企業の製造業にとっては、製品の欠陥や仕様不適合で納入先から損害賠償請求を受けると、事業継続そのものが困難となるおそれがあることから、こうしたリスクを補償する保険商品を望む声が高まっていた。
このような状況を踏まえ、同社は、従来の生産物賠償保険(PL 保険)等では補償されないこれらの賠償リスクから、製造業をはじめとする中小企業を守るべく、新たな特約を開発した。
2.「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」の特徴
事業活動を取り巻く様々なリスクを包括的に補償する企業向け商品「超ビジネス保険」に、「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」を新設する。製品の欠陥・仕様不適合や、火災や不測かつ突発的な事由による製造設備の故障により納期遅延が生じたこと等によって、取引先やユーザー等から受ける賠償リスクを補償する。
<保険の対象となる事故例>
・部品製造業 納入した部品が仕様を満たしておらず、再納品までの間に納品先の製造が休止した際の逸失利益について、納品先から賠償請求を受けた。
・食品製造業 自社工場において、製造設備が損傷したために生産ラインが数日間停止した。納期に遅れたために、納品先に生じた逸失利益について賠償請求を受けた。
・印刷業 食品の原材料表示ラベルに印刷ミスが発覚。ラベルの再印刷に日数を要したため、出荷が遅れたとして食品メーカーから逸失利益についての賠償請求を受けた。
今後も、同社は新たなリスクからお客様を守るべく、最適な商品・サービスの開発・提供を進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

関連商品