新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスを活用した新たな損害調査システムを導入

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術を活用した新たな事故対応サービスを4月から全国のサービスセンターに導入した。同社では、今後も先進デジタル技術を活用し、お客さまを全力でサポートしてく。
1.背景
近年のテクノロジーの発展とともに、自動運転、コネクティッドカーなど自動車関連のサービスは急速に変化してきており、従来デジタル化されていなかった車の細かい運転情報などがデータ化されるようになっている。
同社は、テレマティクス自動車保険の販売を促進することにより、デジタル化に向けた取り組みを進めており、今般、事故対応においても、デジタル情報を活用した新しいサービスを提供するため、本システムを開発した。
2.新たな事故対応サービスの概要
テレマティクスデータを活用して事故に至る経緯や周辺情報を瞬時にビジュアル化する。
3.導入時期
2019年4月22日から全国の事故サービスセンターに導入しており、今後、順次機能拡大をしていく。
4.システム概要
テレマティクス車載器から得られる位置情報を元に、地図データ上、お客さまが事故に遭われた場所、走行経路等を表示する。併せて、地図上に標識データ、道路規制データ、天候データを同時に表示させる。
このことにより、従来はお客さまや代理店が同社への事故連絡した際に、オペレーターが細かい事故状況や周囲の状況等を電話で確認していたものが、テレマティクスデータにより即時に判明するため、お客さまの説明の手間が大きく軽減される。
5.今後の展開
既に導入しているドライブレコーダー映像による事故状況の把握の精緻化と併せ、今後はAIを活用した過失割合の判定やお客さまの負担を軽減するためのシステムを開発予定であり、更なる保険金お支払いサービスの高度化を進めていく。
同社は、これからも、最先端のテレマティクス技術を活用した自動車保険と事故対応等における新たなサービスで、これまで以上にお客さまを全力でサポートしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

関連商品