シンニチ保険WEB

ジェイアイ傷害火災、「住宅購入と火災保険」に関するアンケート調査結果を発表

ジェイアイ傷害火災は、『住宅購入と火災保険』に関するアンケート調査を2019年1月8日~1月10日に実施し、1026件の回答があった。
◆アンケート調査結果のまとめ
1.住宅を購入するにあたって、意識した自然災害は地震、台風、大雨。
2018年は6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月の北海道胆振東部地震などが発生。また台風も例年以上に発生し、台風21号、24号などにより大きな被害を被った。住宅購入に際しても、やはりこれらの自然災害を意識せざるをえない実態が伺える。
2.火災保険加入にあたって最も重視するのは、保険料の安さ
保険の加入にあたっては、火災保険に限らず複数の保険商品を比較することが当たり前となっている。保険料の安さ、補償の充実度という定番の項目に続いて、火災保険という長期間にわたって契約する保険ということもあり、「保険会社のブランド」が第3位となった。
第1位:保険料の安さ
第2位:補償の充実度
第3位:保険会社のブランド
3.加入した火災保険をどこで知った?
火災保険の加入は、住宅購入の過程で不動産会社や住宅ローン会社から案内されるというのが定番。
そんな中、インターネットで調べて加入したというパターンが不動産会社からの案内に次いで第2位。自発的に火災保険を調べる方が増加していることがうかがえる。
【調査結果詳細】https://www.jihoken.co.jp/ieho/survey/
◆アンケート調査結果
1.住宅購入にあたって注意した自然災害は?
第1位:地震 63.3%
第2位:台風 39.4%
第3位:大雨 29.1%
第4位:洪水 20.8%
第5位:大雪 11.9%
第6位:津波 8.3%
第7位:噴火 1.1%
2.火災保険加入にあたって重視したことは?
第1位:保険料の安さ 38.4%
第2位:補償の充実度 36.2%
第3位:保険会社のブランド 25.4%
第4位:安心感 19.6%
第5位:簡便な手続き方法 15.9%
第6位:プランの豊富さ 8.1%
第7位:割引 6.1%
第8位:サービス 4.6%
3.加入した火災保険はどこで知りましたか?
第1位:不動産会社からの案内 20.5%
第2位:インターネットで調べた 18.7%
第3位:住宅ローン会社からの案内 16.7%
第4位:ハウスメーカーからの案内 16.1%

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、ネット完結型”団信ウェブ申込サービスで、銀行の住宅ローンビジネスのデジタル化を支援

損保

SOMPOリスクマネジメント株式会社、損保ジャパン、企業のリスク対策に資する協業先をマッチングするサービス提携を開始

生保損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、行動経済学を応用した標的型メール訓練サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

損保

イーデザイン損保、遠隔健康医療相談「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」をHP上で紹介

生保

アフラック生命、「がん電話相談」再開

損保

損保ジャパン、医師によるオンライン医療相談サービスの利用対象者を拡大

損保

SOMPOホールディングス、「新型コロナウイルス影響下におけるSOMPOの取組み」ページ公開

その他

SOMPOケア、管理栄養士監修『SOMPOケア簡単!スマイルレシピ集』をウェブで公開

生保

三井住友海上あいおい生命、新型コロナウイルス感染症拡大を受けた医療・健康相談サービス「満点生活応援団」のWeb相談を提供