シンニチ保険WEB

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保、東大COIとの提携による「健康経営支援型商品」の開発

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保は、健康寿命の延伸を支援する取組の第一弾として、東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)自分で守る健康社会拠点(以下「東大COI」)が開発するAIによる健康リスク予測モデルを搭載した健康管理アプリ※1を活用し、企業の健康経営※2を「保険」で支援する。本取組は、超高齢社会で持続的成長を目指し、健康経営に取り組む企業を対象に、健康増進に寄与する付加価値型の保険商品を提供するものである。
※1:健康管理アプリは、東大COIがソフトバンクと開発を進めている。
※2:健康経営は、健康経営研究会の登録商標である。
<健康経営支援型商品の内容>
「休業による所得の減少を補償する保険」に、「AIによる健康リスク予測モデルを搭載した健康管理アプリ」や「コンサルティングサービス」を組み合わせ、企業の健康経営を支援するメニューを一括して提供、「健康経営優良法人」認定の取得等、健康経営の高度化を支援する。
(1)特長
①「AIによる健康リスク予測モデル」は、東大COIが開発し、集積された健康関連データを基に、機械学習を通じたリスク予測モデルから、将来の生活習慣病等の発症リスクを算出する。
②「休業による所得の減少を補償する保険」は、従業員に安心して治療に専念できる環境を提供し、仕事と治療の両立を支援する。
③「健康経営よろず相談」は、MS&ADインターリスク総研によるコンサルティングサービスを通じて、お客さま企業に合ったさまざまなアプローチによる健康経営取組策を提供し、「健康経営優良法人」の認定取得等、健康経営の高度化・深化を支援する。
(2)加入方式
企業を契約者とし、その構成員(従業員)を一括して補償対象者とする企業加入型の団体契約

関連記事(保険業界ニュース)

損保

AIG損保、業界初、電子マネー決済対応の海外旅行保険専用新型自動販売機(専用端末)を導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、ToyotaInsuranceManagementSolutionsUSA,LLCがNationwide社と共同で運転挙動反映型テレマティクス自動車保険を開発

損保

MS&ADホールディングス、VolocopterGmbHとの「空飛ぶクルマ」事業に関する業務提携を決定

損保

MS&ADホールディングス、特定子会社を異動

損保

あいおいニッセイ同和損保、中国広州市慈善会と浙江省赤十字会に各30万元(約472万円)を寄付

損保

三井住友海上、デマンド交通を利用した「相乗り通勤」の実証実験を開始

損保

三井住友海上、公立はこだて未来大学発AIスタートアップ「未来シェア」によるスマートモビリティの取組をサポート

損保

三井住友海上、「BEYOND STADIUM 2020」に参加

損保

三井住友海上、チャットボットによる自動車保険の住所変更手続きサービスを開始

損保

三井住友海上、「2020グランドスラム・パリ」で鍋倉那美選手が準優勝